【SOD】パッケージの『種類(SOD-323など)』と『特徴』を解説!

スポンサーリンク

この記事では『SOD』から始まるパッケージの種類について

  • 『SOD』から始まるパッケージについて
  • 『SOD』から始まるパッケージの種類(SOD-323やSOD-523等)

などを図を用いて分かりやすく説明しています。

『SOD』から始まるパッケージについて

『SOD』から始まるパッケージについて

SODとは『Small Outline Diode』の頭文字を取ったものです。SODはダイオードの表面実装用パッケージの名称になります。

SODから始まるパッケージ名はパッケージサイズリード形の違いによって『SOD-123』や『SOD-323F』や『SOD-523』など様々あります。また、同じ形状のパッケージでもメーカーにより様々な呼び方があります。例えば、SOD-523はロームでは『EMD2』、パナソニックでは『SMini2-F5-B』と呼ばれています。

また、『SOD』から始まるパッケージについて下記の特徴があります。

  • SODはダイオードの表面実装用パッケージの名称なのでピン数は2ピンとなります。
  • SODの後につく数字が大きいほど、パッケージサイズが小さくなる傾向があります。
  • 『フラットリード』と『ガルウィング』のリード形状があるパッケージの場合、『SOD-〇〇〇』の後に『F』または『FL』が付くと『フラットリード』、つかないと『ガルウィング』となります。なお、チップ部品のリード形状については下記の記事にまとめていますので、ご参考になれば幸いです。
  • 【チップ部品】『ガルウィング』と『Jリード』と『フラットリード』の違いと特徴!

では次に『SOD』から始まるパッケージの種類について説明します。

『SOD』から始まるパッケージの種類

『SOD』から始まるパッケージの種類の一覧表を下記に示します。

パッケージ
コード
JEDEC
コード
JEITA
コード
リード形ピン数サイズ
(W×L×H)
各メーカーの表記方法
SOD-123ガルウィング21.6×3.5×0.8
SOD-123F
SOD-123FL
SC-109Bフラットリード21.6×3.5×0.8【パナソニック】
・Mini2-F4-B
【ローム】
・PMDU
SOD-323SC-76ガルウィング21.25×2.5×1.0
SOD-323F
SOD-323FL
SC-90
SC-90A
フラットリード21.25×2.5×0.7【ローム】
・UMD2
SOD-523SC-79フラットリード20.8×1.6×0.6【パナソニック】
・SSMini2-F5-B
【ローム】
・EMD2
【KEC】
・ESC
SOD-723SC-104Aフラットリード20.6×1.4×0.5【パナソニック】
・SSSMini2-F4-B
【ローム】
・VMD2
SOD-923SC-116Aフラットリード20.6×1.0×0.38【パナソニック】
・USSMini2-F2-B
【ローム】
・VMN2
【KEC】
・TFSC
SOD-882ノンリード20.6×1.0×0.38【パナソニック】
・ML2-N3-B
SOD-962ノンリード20.3×0.6×0.3【ローム】
・GMD2
SOD-963ノンリード20.6×1.0×0.4
SOD-106DO-214ACJリード22.6×5.0×2.0【ローム】
・PMDS

パッケージコードが同じでもメーカーによってサイズ等が異なることがあるため、参考程度にしてください。

まとめ

この記事では『SOD』から始まるパッケージの種類について、以下の内容を説明しました。

  • 『SOD』から始まるパッケージについて
  • 『SOD』から始まるパッケージの種類(SOD-323やSOD-523等)

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5