engineer

【トンネルダイオード】『原理』や『特徴』などをわかりやすく解説!

【トンネルダイオード】『原理』や『特徴』などをわかりやすく解説!

2020/7/8  

トンネルダイオードとは、トンネル効果を応用したPN接合ダイオードです。江崎玲於奈博士の発明によるため、その名をとって『エサキダイオード』とも呼ばれています。

【フライバックコンバータ】スナバ回路の『設計』と『損失』について!

【フライバックコンバータ】スナバ回路の『設計』と『損失』について!

2020/7/4  

この記事ではフライバックコンバータのRCDスナバ回路について『設計方法』と『損失』について図を用いて分かりやすく説明しています。

【フライバックコンバータ】スナバ回路の目的と動作について!

【フライバックコンバータ】スナバ回路の目的と動作について!

2020/7/4  

フライバックコンバータのRCDスナバ回路はトランスのリーケージインダクタンスに発生するサージ電圧(スパイクノイズ)をクランプするために接続されています。

【はんだの種類まとめ】共晶はんだ・高温はんだ・低温はんだなどの特徴!

【はんだの種類まとめ】共晶はんだ・高温はんだ・低温はんだなどの特徴!

2020/6/27  

この記事では「はんだの種類」について詳しく説明しています。はんだには「共晶はんだ」、「高温はんだ」、「低温はんだ」、「ステンレス用はんだ」など様々な種類があります。

【鉛フリーはんだとは?】融点や成分などを解説!

【鉛フリーはんだとは?】融点や成分などを解説!

2020/6/12  

『鉛フリーはんだ』とは、その名の通り、鉛(Pb)を含まないはんだのことを指します。成分は主にスズ(Sn)を用いています。一般的な鉛フリーはんだの融点は約217度となっており、共晶はんだの融点(約183度)と比較して約40度高くなっています。

はんだ槽の『ドロス』とは?原因や除去の方法など!

はんだ槽の『ドロス』とは?原因や除去の方法など!

2020/6/12  

ドロスははんだ槽の表面に浮いているはんだの酸化物です。ドロスの発生が多くなると、ドロスがはんだ噴流の中に混じるため、基板のはんだ不良を引き起こす可能性があります。そのため、へら状の治具等を用いて、はんだ槽からドロスを除去する必要があります。

【セルフターンオンとは?】対策や原因について!

【セルフターンオンとは?】対策や原因について!

2020/6/28  

セルフターンオンとは、本来オフしているべきローサイドのMOSFETが誤ってオンしてしまうことです。セルフターンオンが原因となって、損失の増大・素子の発熱・効率の悪化を引き起こします。そのため、閾値電圧が高いMOSFETを使用する等でセルフターンオンの対策を行います。

【イオンマイグレーションとは】『原理』や『対策』などを解説!

【イオンマイグレーションとは】『原理』や『対策』などを解説!

2020/6/12  

イオンマイグレーションとは、湿度が多い環境条件に基板が設置されている状態において、電圧を印加すると、陽極の金属がイオン化して対向する陰極に移動し、再び陰極で金属として生成される現象です。発生の形態によってデンドライトとCAFに分類されます。

チップ抵抗の『硫化』について!メカニズムや対策など

チップ抵抗の『硫化』について!メカニズムや対策など

2020/6/12  

チップ抵抗の硫化とは、チップ抵抗器の内部抵抗(銀:Ag)と空気中の硫黄成分が反応して、絶縁体である硫化銀(Ag2O)が生成する現象です。この硫化よって、内部電極が断線する可能性があります。

【RL回路の時定数】計算方法や式などを詳しく解説!

【RL回路の時定数】求め方や単位などを詳しく解説!

2020/6/12  

時定数とは、過渡現象がどのくらい続くのかを表す目安を表しています。RL回路の時定数τは、インダクタLを抵抗Rで割った値となります。時定数τが大きいほど過渡現象が長く続きます。

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5