「 engineerの記事 」 一覧

『ヒステリシス曲線(B-H曲線)』とは?詳しく説明します!

インダクタ(コイル)

『ヒステリシス曲線(B-H曲線)』とは?詳しく説明します!

2019/7/15  

ヒステリシス曲線とは? 鉄・フェライト・コバルトなどの磁性体に巻線を巻いたコイル(インダクタ)に電流\(I\)を流すと磁界(磁場)\(H\)が発生します。この磁界\(H\)によって、磁性体は磁化を帯び ...

『ヒステリシス損失』とは?「式」や「原因」について詳しく説明します

インダクタ(コイル)

『ヒステリシス損失』とは?「式」や「原因」について詳しく説明します

2019/7/14  

『ヒステリシス損失』とは? 鉄・フェライト・コバルトなどの磁性体に巻線を巻いたコイル(インダクタ)に電流\(I\)を流すと磁界(磁場)\(H\)が発生します。この磁界\(H\)によって、磁性体は磁化を ...

『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは?詳しく説明します。

インダクタ(コイル)

『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは?詳しく説明します。

2019/7/13  

『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは 残留磁束密度\(B_r\)とは、鉄・フェライト・コバルトなどの強磁性体(コア)の磁気特性を表すBH曲線において、磁性体が磁気飽和となる(飽和磁束密度\(B ...

【LLCコンバータ】励磁インダクタに流れる電流のピーク値の導出方法

LLCコンバータ

【LLCコンバータ】励磁インダクタに流れる電流のピーク値の導出方法

2019/7/12  

LLCコンバータにおいて、励磁インダクタに流れる電流のピーク値の導出方法について説明します。 励磁インダクタに流れる電流のピーク値の導出方法 LLCコンバータは『スイッチング周波数\(f_{SW}\) ...

『飽和磁束密度(最大磁束密度)』とは?詳しく説明します

インダクタ(コイル)

『飽和磁束密度(最大磁束密度)』とは?詳しく説明します

2019/7/11  

飽和磁束密度とは 飽和磁束密度\(B_S\)とは、磁性体(コア)が磁気飽和する時の磁束密度のことを言います。 B-H曲線を用いて、もう少し詳しく説明します。 コイル(インダクタ)は、磁性体(コア)に巻 ...

【LLCコンバータ】『伝達関数』の導出方法

LLCコンバータ

【LLCコンバータ】『伝達関数』と『ゲイン』の導出方法

2019/6/30  

基本波近似法(FHA)を用いた伝達関数 LLCコンバータの設計において、解析を単純化するために、2次側の部品を1次側に配置するために、1次換算することが必要となります。この際、基本波近似法(FHA: ...

【LLCコンバータ】動作原理と電流ルートの詳細

LLCコンバータ

【LLCコンバータ】動作原理と電流ルートの詳細

2019/6/29  

LLCコンバータの電流ルートは全10モードありますが、共振キャパシタ\(C_R\)と共振インダクタ\(L_R\)による共振現象を利用しているためかなり複雑になります。 この記事ではなるべく詳しくLLC ...

【LTspice】抵抗シンボルの使い方!温度係数の設定方法など

LTspice

【LTspice】抵抗シンボルの使い方!温度係数の設定方法など

2019/6/26  

シミュレーションで必ず使用する素子の1つに抵抗があります。この抵抗について以下の目次の内容を詳しく説明します。 LTspiceで使用できる抵抗のシンボル LTspiceで使用することができる抵抗のシン ...

【Excel】セルをクリックすると飛ぶのはなぜ?原因と対策について

Excel・VBA

【Excel】セルをクリックすると飛ぶのはなぜ?原因と対策について

2019/6/25  

セルをダブルクリックすると、アクティブセルが勝手に移動してしまう時があります。この「原因」と「対策方法」について説明します。 セルをダブルクリックすると飛ぶ原因 Excelにおいてセルのデータを修正す ...

【LTspice】『.savebiasコマンド』と『.loadbiasコマンド』の使い方

LTspice

【LTspice】『.savebiasコマンド』と『.loadbiasコマンド』の使い方

2019/6/26  

この記事では、.savebiasコマンドと.loadbiasコマンドについて以下の目次の内容を詳しく説明します。 『.savebiasコマンド』と『.loadbiasコマンド』とは 『.savebia ...

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.