当サイトについて

当サイトは電気に関する様々な情報を記載しています。

主に下記の記事を記載しています。

  • 電気の基礎知識(中学・高校・大学で習う内容)
  • 電子部品(抵抗やコンデンサ等)の記事
  • 電気・電子回路(リニアレギュレータ・スイッチングレギュレータ・フィルタ等)の記事
  • シミュレーションソフト(LTspice)に関する記事

Twitterを始めました

Twitterを始めました。電気に関する情報を呟くので気軽にフォローしていただくと幸いです。

Twitterのリンク → Electrical_Like

全記事一覧

下記に記載しているオレンジ色の『記事一覧』をクリックすることで各項目の記事一覧が表示されます。

新着記事

トランスの『浮遊容量』とは?測定方法などを解説!

2022/5/18

トランスの『浮遊容量』とは?測定方法などを解説!

この記事では『トランスの浮遊容量』について トランスの『浮遊容量』とはトランスの『浮遊容量』の測定方法 などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。 トランスの『浮遊容量』とは トランスの電線と電線が平行している部分は微小なコンデンサ成分を持っています。この意図しないコンデンサ成分のことを『浮遊容量』といいます。浮遊容量は寄生容量や漂遊容量(ひょうゆうようりょう)とも呼ばれています。 上図にトランスの等価回路を示しています。例えば、等価回路において1次巻線の浮遊容量は ...

続きを読む

ヒューズの抵抗値について!コールドレジスタンスとは?

2022/5/18

ヒューズの抵抗値について!コールドレジスタンスとは?

この記事では『ヒューズの抵抗値』について ヒューズの『抵抗値』と『コールドレジスタンス』 などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。 【ヒューズの抵抗値】コールドレジスタンスとは ヒューズの抵抗値はコールド時(定格電流の10%またはそれ以下の電流を流した時)の抵抗値で記載されています。コールド時におけるヒューズの抵抗値はコールドレジスタンスやコールド抵抗と呼ばれています。 定格電流が大きいほど、コールド時におけるヒューズの抵抗値が小さくなります。 一例として、大東通 ...

続きを読む

ヒューズとは?『構造』や『回路記号』などを解説!

2022/5/18

ヒューズとは?『構造』や『回路記号』などを解説!

この記事では『ヒューズ』について ヒューズとは ヒューズが飛ぶとは?なぜ「切れる」ではなく「飛ぶ」というの? ヒューズの構造・形状 ヒューズエレメントが溶断する原理 ヒューズの回路記号・シンボル などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。 ヒューズとは ヒューズは電気機器の故障等で過電流が流れた時に、自ら溶断して電流を流さなくすることで、電気機器を保護する部品です。 もう少し詳しく説明すると、電気機器の内部には電気回路(電源回路)が搭載されています。また、電気回路は ...

続きを読む

基板の『スペーサ』について!使い方や種類などを解説!

2022/5/18

基板の『スペーサ』について!使い方や種類などを解説!

この記事では『基板に用いるスペーサ』について 基板に用いるスペーサの使い方 基板に用いるスペーサの種類と形状 などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。 基板に用いるスペーサの『使い方』 スペーサとは、プリント基板を固定したり、基板を板金から浮かしたりするために用いるものです。主に基板周りの空間を空ける目的で使います。プリント基板を重ねて固定する時にもスペーサを使います。 プリント基板を板金に取り付ける際には、はんだ付けをしている箇所が板金と接触しないようにする必要 ...

続きを読む

【電源の効率とは?】80PLUSって何?

2022/5/18

【電源の効率とは?】80PLUSって何?

この記事では『電源の効率』について 電源の効率 電源の効率の「計算式」と「80PLUS」 などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。 電源の効率とは PC等の電気機器に用いられている電源ユニット(PSU:Power Supply Unit)は、コンセントから供給される交流電圧を直流電圧に変換し、CPUやメモリ等に電力を供給しています。電源ユニットの効率は「コンセントから供給された入力電力\(P_{IN}\)」と「出力電力\(P_{OUT}\)」の比であり、通常は[% ...

続きを読む