電子部品

『SOJ』とは?パッケージの種類を解説!【半導体&IC】

スポンサーリンク

半導体やICのパッケージにはSOJSOPなど様々な種類があります。

この記事では『SOJ』が付くパッケージの種類について詳しく説明しています。

SOJとは

SOJとは

SOJ(Small Outline J-leaded package)はリードがパッケージの2側面から出ており、リード形状がJ字形のパッケージです。ピンピッチは1.27mmです。

J字形のリードは変形しにくいというメリットがあります。

SOJの後に付く数字はピン数を表します。例えば、SOJ8の場合、8ピンのSOJとなります。

また、SOJの前に英文字が付くことで、「パッケージ材質」が変わります。

なお、J字形については下記の記事で詳しく説明していますのでご参考にしてください。

補足

  • SOJのパッケージはDRAMSRAMなどに使われていることがあります。
  • SOJはリードの曲げた部分にはんだ付けをします。

材料を表す英文字の追加

SOJの前に「P-」,「C-」が付くと、パッケージの材質が変わります。

P-SOJ

SOJの前に付いている「P-」は「プラスチック」を表します。

そのため、「P-SOJ(Plastic SOJ)」はパッケージ材質がプラスチックのSOJということになります。

C-SOJ

SOJの前に付いている「C-」は「セラミック」を表します。

そのため、「C-SOJ(Ceramic SOJ)」はパッケージ材質がセラミックのSOJということになります。

本記事のまとめ

この記事では半導体やICのパッケージの『SOJ』について、以下の内容を説明しました。

当記事のまとめ

  • SOJとは
  • SOJの後に付く数字はピン数を表す

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5