実効値・平均値・波形率・波高率

『全波整流波』の実効値・平均値・波形率・波高率の求め方

更新日:

スポンサーリンク

全波整流波の実効値・平均値・波形率・波高率

全波整流波の実効値・平均値・波形率・波高率
最初に全波整流波(最大値\(V_M\)、周期\(T\))の実効値・平均値・波形率・波高率を上図に示します。
これから各値がどのように求まるのかを説明します(できるだけ途中式を多くするよう心がけています)。

全波整流波とは正弦波において1周期の半分が反転している波形です。上図では「\(\displaystyle \frac{T}{2} \leq t \lt T\)」の領域です。

そのため、最初に正弦波の実効値・平均値・波形率・波高率の求め方を知ると、全波整流波での計算が分かりやすくなると思います。

↓に正弦波の実効値・平均値・波形率・波高率の求め方をまとめましたので参考にしてみてください。

全波整流波の波形式

全波整流波の波形式
全波整流波の実効値・平均値を求めるためには、最初に全波整流波を式で表す必要があります。

全波整流波は赤色の線の領域\(\left(0 \leq t \lt \displaystyle \frac{T}{2}\right)\)と青色の線の領域\(\left(\displaystyle \frac{T}{2} \leq t \lt T\right)\)で式が異なります。

各領域の線の式を求めます。

赤色の線

「\(0 \leq t \lt \displaystyle \frac{T}{2}\)」の領域が赤色の線です。

赤色の線は、\(V_M\sin{{\omega}t}\)の波形の一部です。

そのため、赤色の線の式は

\begin{eqnarray}
v(t)=V_M\sin{{\omega}t}
\end{eqnarray}

で表すことができます。

青色の直線

「\(\displaystyle \frac{T}{2} \leq t \lt T\)」の領域が青色の直線です。

青色の線は、\(V_M\sin{{\omega}t}\)を反転した波形です。

そのため、青色の線の式は

\begin{eqnarray}
v(t)=-V_M\sin{{\omega}t}
\end{eqnarray}

で表すことができます。

赤色の線と青色の線を合わせると、全波整流波の式は

\begin{eqnarray}
v(t) = \begin{cases}
V_M\sin{{\omega}t} & \left(0 \leq t \lt \displaystyle \frac{T}{2}\right) \\
-V_M\sin{{\omega}t} & \left(\displaystyle \frac{T}{2} \leq t \lt T\right)
\end{cases}
\end{eqnarray}

となります。

これから全波整流波の実効値・平均値・波形率・波高率を求めますが、上式を用いると計算が少し複雑になります。

そのため、今回は計算を容易にするために時間軸(横軸\(t\))を位相軸(横軸\({{\omega}t}\))に変換します。
【全波整流波】時間軸(横軸t)を位相軸(横軸ωt)に変換する

位相軸(横軸\({{\omega}t}\))に変換した後の全波整流波の式は

\begin{eqnarray}
v({\omega}t) = \begin{cases}
V_M\sin{{\omega}t} & \left(0 \leq {\omega}t \lt \pi\right) \\
-V_M\sin{{\omega}t} & \left(\pi \leq {\omega}t \lt 2\pi\right)
\end{cases}
\end{eqnarray}

となります。

変換方法については以下の記事をご覧ください。

全波整流波の実効値

全波整流波の実効値
波形\(v({{\omega}t})\)の実効値\(V_{RMS}\)は、\(v({{\omega}t})\)を2乗して平均した値の平方根なので、

\begin{eqnarray}
V_{RMS} &=& \sqrt{\displaystyle\frac{1}{2\pi} \displaystyle \int_{0}^{2\pi}v({{\omega}t})^2d({{\omega}t}})
\end{eqnarray}

と表されます。

赤色の線の領域は「\(0 \leq {\omega}t \lt \pi\)」、青色の線の領域は「\(\pi \leq {\omega}t \lt 2\pi\)」です。

絶対値を求める式において、赤色の線と青色の線を分けると、
\begin{eqnarray}
V_{RMS} &=& \sqrt{\displaystyle\frac{1}{2\pi} \left(\displaystyle \int_{0}^{\pi}v({{\omega}t})^2d({\omega}t)+\displaystyle \int_{\pi}^{2\pi}v({{\omega}t})^2d({\omega}t)\right )}\\
&=& \sqrt{\displaystyle\frac{1}{2\pi} \left(\displaystyle \int_{0}^{\pi}(V_M\sin{{\omega}t})^2d({\omega}t)+\displaystyle \int_{\pi}^{2\pi}(-V_M\sin{{\omega}t})^2d({\omega}t)\right )}
\end{eqnarray}
となります。

赤色の線の式は\(V_M\sin{{\omega}t}\)、青色の線の式は\(-V_M\sin{{\omega}t}\)ですが、実効値の計算では二乗するため、上式をまとめることができます。

まとめると、
\begin{eqnarray}
V_{RMS} &=& \sqrt{\displaystyle\frac{1}{2\pi} \displaystyle \int_{0}^{2\pi}(V_M\sin{{\omega}t})^2d({\omega}t)}
\end{eqnarray}
となります。

上式において、
\begin{eqnarray}
X &=& \displaystyle \int_{0}^{2\pi}(V_M\sin{{\omega}t})^2 d({\omega}t)
\end{eqnarray}
と置くと、波形\(v({{\omega}t})\)の実効値\(V_{RMS}\)は、
\begin{eqnarray}
V_{RMS} &=& \sqrt{\displaystyle\frac{1}{2\pi} X}
\end{eqnarray}
となります。

\(X\)の値を求めます。
\begin{eqnarray}
X &=& \displaystyle \int_{0}^{2\pi}(V_M\sin{{\omega}t})^2 d({\omega}t)\\
&=& \displaystyle \int_{0}^{2\pi}{V_M}^2{\sin}^2{\omega}t d({\omega}t)\\
&=& {V_M}^2\displaystyle \int_{0}^{2\pi}{\sin}^2{\omega}t d({\omega}t)\\
&=& {V_M}^2\displaystyle \int_{0}^{2\pi}\displaystyle \frac{1-{\cos2{\omega}t}}{2} d({\omega}t)\\
&=& {V_M}^2 \left[\displaystyle\frac{1}{2}{{\omega}t}-\frac{1}{4}{\sin2{\omega}t} \right]_{0}^{2\pi}\\
&=& {V_M}^2 \left( \displaystyle\frac{1}{2}×{2\pi}-\frac{1}{4}{\sin{4\pi}}\right)\\
&=& {V_M}^2 {\pi}
\end{eqnarray}

以上より、全波整流波の実効値\(V_{RMS}\)は、

\begin{eqnarray}
V_{RMS} &=&\sqrt{\displaystyle\frac{1}{2\pi} X}\\
&=&\sqrt{\displaystyle\frac{1}{2\pi} {V_M}^2 {\pi}}\\
&=&\displaystyle\frac{1}{\sqrt{2}}V_M
\end{eqnarray}

となります。

全波整流波の平均値

波形\(v({{\omega}t})\)の平均値\(V_{AVE}\)は、\(v({{\omega}t})\)の絶対値\(|v({{\omega}t})|\)を平均した値なので、

\begin{eqnarray}
V_{AVE} &=& \displaystyle\frac{1}{2\pi} \displaystyle \int_{0}^{2\pi}|v({{\omega}t})|d({{\omega}t})
\end{eqnarray}

と表されます。

この平均値を求める式は『\(v({{\omega}t})\)の絶対値\(|v({{\omega}t})|\)』を使用します。

そのため、波形のマイナスの領域(薄い青の箇所)はプラス(薄い赤の箇所)になるように変換する必要があります。

全波整流波の場合はマイナスの領域はないため、『\(v({{\omega}t})\)の式』と『\(v({{\omega}t})\)の絶対値\(|v({{\omega}t})|\)の式』は同じになります。

したがって、\(v({{\omega}t})\)の絶対値\(|v({{\omega}t})|\)の式は

\begin{eqnarray}
|v({\omega}t)| = \begin{cases}
V_M\sin{{\omega}t} & \left(0 \leq {\omega}t \lt \pi\right) \\
-V_M\sin{{\omega}t} & \left(\pi \leq {\omega}t \lt 2\pi\right)
\end{cases}
\end{eqnarray}

となります。

平均値を求める式において、各式を分けると、
\begin{eqnarray}
V_{AVE} &=& \displaystyle\frac{1}{2\pi} \displaystyle \int_{0}^{2\pi}|v({\omega}t)|d({{\omega}t})\\
&=& \displaystyle\frac{1}{2\pi}\left(\displaystyle \int_{0}^{\pi}|v({\omega}t)|d({{\omega}t})+ \int_{\pi}^{2\pi}|v({\omega}t)|d({{\omega}t}) \right)\\
\end{eqnarray}
となります。

この式は\(v({{\omega}t})\)の絶対値\(|v({{\omega}t})|\)を\(0\)から\(2\pi\)の領域で積分して、最後に\(2\pi\)を割ることで平均値を求めています。
しかし、図で考えると、\(0\)から\(\pi\)の領域で積分して、最後に\(\pi\)を割るのと平均値は同じです。
イメージ的には下図のようなことです。
全波整流波の平均値

そのため、\(v({{\omega}t})\)の絶対値\(|v({{\omega}t})|\)の平均値を求める式は
\begin{eqnarray}
V_{AVE} &=& \displaystyle\frac{1}{\pi} \displaystyle \int_{0}^{\pi}|v({\omega}t)|d({{\omega}t})\\
&=& \displaystyle\frac{1}{\pi}\displaystyle \int_{0}^{\pi}V_M\sin{{\omega}t}d({{\omega}t})
\end{eqnarray}
で求めることができます。

上式を計算すると、全波整流波の平均値\(V_{AVE}\)は、

\begin{eqnarray}
V_{AVE} &=& \displaystyle\frac{1}{\pi}\displaystyle \int_{0}^{\pi}V_M\sin{{\omega}t}d({{\omega}t})\\
&=& \displaystyle\frac{1}{\pi}V_M\left[-\cos{\omega}t \right]_{0}^{\pi}\\
&=& \displaystyle\frac{V_M}{\pi}\left(-\cos\pi - \cos0 \right)\\
&=& \displaystyle\frac{2V_M}{\pi}
\end{eqnarray}

となります。

全波整流波の波形率

波形率は以下の式で表すことができます。

\begin{eqnarray}
波形率 &=& \displaystyle\frac{実効値V_{RMS}}{平均値V_{AVE}}
\end{eqnarray}

全波整流波の実効値\(V_{RMS}\)と平均値\(V_{AVE}\)は求まっているので、この式に代入することで全波整流波の波形率を求めることができます。

\begin{eqnarray}
波形率 = \displaystyle\frac{\displaystyle\frac{1}{\sqrt{2}}V_M}{\displaystyle\frac{2V_M}{\pi}} = \displaystyle\frac{\pi}{2\sqrt{2}}
\end{eqnarray}

全波整流波の最大値

全波整流波の最大値
全波整流波の最大値\(V_{PEAK}\)は波形から分かるように、

\begin{eqnarray}
最大値V_{PEAK}=V_M
\end{eqnarray}

となります。

全波整流波の波高率(クレストファクタ)

波高率(クレストファクタ)は以下の式で表すことができます。

\begin{eqnarray}
波高率 &=& \displaystyle\frac{最大値V_{PEAK}}{実効値V_{RMS}}
\end{eqnarray}

全波整流波の実効値\(V_{RMS}\)と最大値\(V_{PEAK}\)は求まっているので、この式に代入することで全波整流波の波高率(クレストファクタ)を求めることができます。

\begin{eqnarray}
波形率 = \displaystyle\frac{V_M}{\displaystyle\frac{1}{\sqrt{2}}V_M} = \sqrt{2}
\end{eqnarray}
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.