抵抗の極性(向き)について!

スポンサーリンク

この記事では抵抗の極性(向き)について

  • 一般的な抵抗の極性(向き)
  • 集合抵抗の極性(向き)

などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。

抵抗の極性(向き)

抵抗の極性(向き)

最初に結論を言うと、通常の抵抗には極性はありません。

そのため、基板に抵抗を実装するとき、どの向きで実装しても問題ありません。電解コンデンサのようにプラス(+)とマイナス(-)を意識する必要がありません。

ただし、抵抗の向きを揃えると、カラーコードが読みやすくなります。

例えば、抵抗を立てて実装する場合には、上から下にカラーコードを読むようにします。また、抵抗を寝かせて実装する場合には、左から右、上から下にカラーコードを読むようにします。

このように基板内で抵抗の向きを統一しておくと、回路をチェックしやすくなります。

あわせて読みたい

カラーコードは、抵抗値や誤差を色で表現したものです。カラーコードについて詳しくは下記の記事で説明していますので、ご参考になれば幸いです。

【抵抗のカラーコード】一覧表・読み方・覚え方などを徹底解説!
抵抗の『カラーコード』について!一覧表・読み方・覚え方など!

続きを見る

集合抵抗の極性(向き)

集合抵抗の極性(向き)

先ほど、通常の抵抗には極性(向き)がないと言いましたが、例外があります。

一端がコモン端子になっている集合抵抗などには向きがあります。

一端がコモン端子になっている集合抵抗を使用する際、抵抗の向きを逆にすると、抵抗値が異なってしまいます。

例えば、各抵抗値が100Ωで6ピンの集合抵抗があるとします。

ある基板で1-2ピン間の抵抗値を用いる時、通常の向きだと100Ωになりますが、抵抗を逆向きで実装すると5-6ピン間の抵抗値となってしまうため、200Ωになってしまいます。

あわせて読みたい

集合抵抗は複数の抵抗を1つにまとめた抵抗器です。ネットワーク抵抗とも呼ばれています。下記の記事に集合抵抗やその他の抵抗についてまとめていますので、ご参考にしてください。

抵抗の『種類』と『特徴』について!
抵抗の『種類』と『特徴』について!

続きを見る

お知らせ

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧は以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

また、下記に当サイトの人気記事を記載しています。ご参考になれば幸いです。

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5