「回路」 一覧

【ドレイン接地回路(ソースフォロワ)】特徴・原理ついて

増幅回路

【ドレイン接地回路(ソースフォロワ)】特徴・原理ついて

2019/4/17  

MOSFETを使用した増幅回路であるドレイン接地回路(ソースフォロワ)の特徴や原理について説明します。 ドレイン接地回路(ソースフォロワ回路)とは ドレイン接地回路(ソースフォロワ回路)の回路図と波形 ...

【差動増幅回路】『原理』&『式の導出』&『用途』について

オペアンプ回路

【差動増幅回路】『原理』&『式の導出』&『用途』について

2019/3/14  

差動増幅回路は2つの入力電圧の差を増幅する回路です。差動増幅回路に接続されている4つの抵抗を調整することで、自由に増幅率を設定することができる特徴があります。 この差動増幅回路は英語では『Differ ...

ダイオードを使用したクランプ回路とは?原理や動作について

ダイオードクランプ回路

ダイオードを使用したクランプ回路とは?原理や動作について

2019/1/29  

ICやマイコンは、過電圧(サージ電圧など)や静電気放電(ESD)等から保護する必要があります。 保護方法の1つにダイオードを使用したクランプ回路をICやマイコンの入力端子に接続する方法があります。 今 ...

【昇圧チョッパ】『入力コンデンサ』の設計方法

昇圧チョッパ

【昇圧チョッパ】『入力コンデンサ』の設計方法

2019/1/13  

昇圧チョッパ(ブーストコンバータ、ステップ・アップ・コンバータ)において、入力コンデンサの容量値の設計方法について説明します。 『入力コンデンサ』の設計方法 昇圧チョッパの各電流波形は上図のようになっ ...

【昇圧チョッパ】『出力コンデンサ』の設計方法

昇圧チョッパ

【昇圧チョッパ】『出力コンデンサ』の設計方法

2019/1/12  

昇圧チョッパ(ブーストコンバータ、ステップ・アップ・コンバータ)において、出力コンデンサの容量値の設計方法について説明します。 『出力コンデンサ』の設計方法 昇圧チョッパの各電流波形は上図のようになっ ...

スナバ回路の『消費電力』の計算方法&導出方法

スナバ回路

スナバ回路の『消費電力』の計算方法&導出方法

2018/12/27  

スナバ回路を設計する際、スナバ抵抗での消費電力を考慮する必要があります。 今回はこのスナバ抵抗の消費電力の式&導出方法を説明します。 スナバ回路の消費電力 トランジスタ等のスイッチがオフ時に印可される ...

【ゲート駆動回路】ゲート抵抗に流れる電流の『平均値』と『ピーク値』

ゲート駆動回路

【ゲート駆動回路】ゲート抵抗に流れる電流の『平均値』と『ピーク値』

2018/12/24  

ゲート駆動回路において、ゲート抵抗に流れる電流(ゲート電流、ドライブ電流とも呼ばれています)の平均値とピーク値について求めてみます。 ゲート抵抗に流れる電流の動作 MOSFETのゲートにゲート抵抗RG ...

【ゲート駆動回路】 ICの消費電流によって生じる消費電力(アイキャッチ)

ゲート駆動回路

【ゲート駆動回路】 ICの消費電流によって生じる消費電力

2018/12/16  

ゲート駆動回路による消費電力には、MOSFETを駆動する時に発生する消費電力(ドライブ電力)以外に、ICの消費電流によって発生する消費電力があります。 今回は消費電流によって発生する消費電力について説 ...

【ゲート駆動回路】ゲート抵抗と駆動ICの消費電力の式・計算方法

ゲート駆動回路

【ゲート駆動回路】ゲート抵抗と駆動ICの消費電力の式・計算方法

2018/12/16  

ゲート駆動回路において、『駆動ICの消費電力』、『ゲート抵抗の消費電力』、『ゲート駆動回路の消費電力』の式、計算方法について説明します。 ゲート駆動回路の消費電力の式 一般的には上図のようにゲート駆動 ...

ラッチ回路(自己保持回路)とは?トランジスタを使用した回路形態と動作について

ラッチ回路

ラッチ回路(自己保持回路)とは?トランジスタを使用した回路と動作について

2018/12/14  

ラッチ回路(自己保持回路)とは一度スイッチをオンしたら、そのスイッチをオフしてもオン状態を保持する回路のことです。 今回はNPNトランジスタとPNPトランジスタの2つを使用したラッチ回路について説明し ...

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.