LTspice

【LTspice】ショートカットキー(ホットキー)の一覧表!便利度でランク付け!

投稿日:

スポンサーリンク

LTspiceのショートカットキー(ホットキー)の一覧表を作成しました。LTspiceで使用できるショートカットは全部で70個以上あります。

全部を覚えるのは大変なので、各ショートカットは便利度でランク付けしています。ブックマーク等をしていただいてLTspiceを使用する際に参考にしていただくと幸いです。

ランク付けの基準は

  • :全く使わない
  • :覚える必要はない
  • :覚えると便利
  • :かなりよく使うため覚える方が良い!
  • :必須!絶対覚えるべき!

となっています。

回路図画面で使用するショートカット

【LTspice】回路図画面で使用するショートカット

Ctrl Shift キー 便利度 英語呼称 内容
F2 Place Component [Select Component Symbol]ウィンドウの表示。部品配置の際に使用します。
F3 Draw Wire Mode 配線を描くモードになる(カーソルが上下に伸びた十字マークになります)。
F4 Place Netname [Net Name]ウィンドウの表示。配線やノードにラベルを付ける際に使用します。
F5 Delete Mode 部品や配線の削除するモードになる(カーソルがハサミマークになります)。
F6 Duplicate Mode 部品、配線、囲った領域を複写するモードになる(カーソルが紙のようなマークになります)。「Ctrl+C」でも同様の動作となります。
F7 Move Mode 部品、配線、囲った領域を切り取って移動するモードになる(カーソルがパーのマークになります)。
F8 Drag Mode 部品、配線、囲った領域を切り取らずに移動するモードになる(カーソルがグーのマークになります)。
F9 Undo 直前の操作をやり直す、デフォルトでは500個前の動作まで戻すことができる。エクセルとかワードでは元に戻す場合「Ctrl+Z」を使用しますが、LTspiceでは『F9』を使用して元に戻ります。
Shift F9 Redo Undoで動作を戻した前に再び戻す。F9で動作を戻した後に行う。
T Place Comment Text [Edit Text on the Schematic]ウィンドウの表示。回路図上にコメントを記入する際に使用します。
S Place SPICE Directive [Edit Text on the Schematic]ウィンドウの表示。SPICEコマンドなど[SPICE Directive]文を記入する際に使用します。
U Unconn. Pin Marks 未接続のピン(□マーク)の表示・非表示を切り替える。
A Text Anchor Marks テキスト(部品名・素子名・コメントなど)のアンカーポイントマーク(〇印)の表示・非表示を切り替える。
G Place Ground GNDの配置
R Place Resistor 抵抗の配置
C Place Capacitor コンデンサの配置
L Place Inductor インダクタ(コイル)の配置
D Place Diode ダイオードの配置
Ctrl G Schematic Grid グリッドの表示・非表示を切り替える。
Ctrl R Rotate 部品やコメントを時計回りに90度回転させる。
Ctrl E Mirror 部品を左右に反転させる。コメント等の文字は反転しない。
Ctrl Z Zoom Area カーソルで囲った部分を拡大表示する。なお、拡大縮小「Ctrl+マウスのホイール」の方が使いやすいです。
Ctrl B Zoom Back ズームアウトする。なお、拡大縮小「Ctrl+マウスのホイール」の方が使いやすいです。
Ctrl H Halt Simulation 実行中のシミュレーションを中止する。
Space Zoom to Fit 回路図やコメントが表示いっぱい写るようにズームをフィットさせる。
Ctrl L View SPICE Error Log SPICE Erroe Logを表示させる。

スポンサーリンク

波形表示画面で使用するショートカット

【LTspice】波形表示画面で使用するショートカット

Ctrl Shift キー 便利度 英語呼称 内容
Ctrl E Zoom Extents 波形を画面いっぱいに表示させる。
Ctrl Z Zoom Area カーソルで囲った部分を拡大表示する。
Ctrl B Zoom Back ズームアウトする。
Ctrl Y Vertically Autorange オートレンジする。あまり使用しない機能です。
Ctrl G Schematic Grid グリッドの表示・非表示を切り替える。
F5 Delete Mode 波形の削除するモードになる(カーソルがハサミマークになります)。
Ctrl A Add Trace [Add Trace to Plot]ウィンドウを表示させる。波形を追加する際に使用します。
F9 Undo 直前の操作をやり直す、デフォルトでは500個前の動作まで戻すことができる。エクセルとかワードでは元に戻す場合「Ctrl+Z」を使用しますが、LTspiceでは『F9』を使用して元に戻ります。
Shift F9 Redo Undoで動作を戻した前に再び戻す。F9で動作を戻した後に行う。
Ctrl H Halt Simulation 実行中のシミュレーションを中止する。
Space Reload Plot Settings File 保存したプロットのSettings Fileをリロードする。
F4 Label cursor position 波形のカーソル部にラベルを表示させる。【例】「10ms,10mV」といったラベルが波形上に表示されます。
T Place text on the plot [Annotate the plot with text]ウィンドウの表示。波形上にコメントを記入する際に使用します。
F3 Draw a line on the plot 波形上にライン(line)を描くモードになる。
F6 Copy Plot Annotations 波形上のコメント・囲った領域を複写するモードになる(カーソルが紙のようなマークになります)。
F7 Move Mode 波形上のコメント・囲った領域を切り取って移動するモードになる(カーソルがパーのマークになります)。
F8 Drag Mode 波形上のコメント・囲った領域を切り取らずに移動するモードになる(カーソルがグーのマークになります)。
Ctrl L View SPICE Error Log SPICE Erroe Logを表示させる。

シンボル画面で使用するショートカット

【LTspice】シンボル画面で使用するショートカット

Ctrl Shift キー 便利度 英語呼称 内容
O Object Anchors テキスト(部品名・素子名・コメントなど)のアンカーポイントマーク(〇印)の表示・非表示を切り替える。
P Object Anchors [Pin/Port Properties]ウィンドウの表示。ピンを付ける際に使用します。
F5 Delete Mode 部品や線の削除するモードになる(カーソルがハサミマークになります)。
F6 Duplicate Mode 部品、線、囲った領域を複写するモードになる(カーソルが紙のようなマークになります)。「Ctrl+C」でも同様の動作となります。
F7 Move Mode 部品、線、囲った領域を切り取って移動するモードになる(カーソルがパーのマークになります)。
F8 Drag Mode 部品、線、囲った領域を切り取らずに移動するモードになる(カーソルがグーのマークになります)。
F9 Undo 直前の操作をやり直す、デフォルトでは500個前の動作まで戻すことができる。エクセルとかワードでは元に戻す場合「Ctrl+Z」を使用しますが、LTspiceでは『F9』を使用して元に戻ります。
Shift F9 Redo Undoで動作を戻した前に再び戻す。F9で動作を戻した後に行う。
T Place Comment Text [Edit Text on the Symbol]ウィンドウの表示。シンボル上にコメントを記入する際に使用します。
L Draw Lines ライン(line)を描くモードになる。
R Draw Rectangles 四角形(Rectangles)を描くモードになる。
A Draw Arcs 弧(Arcs)を描くモードになる。
C Draw Circles 円(Circles)を描くモードになる。
Ctrl R Rotate 図形やコメントを時計回りに90度回転させる。
Ctrl E Mirror 図形を左右に反転させる。コメント等の文字は反転しない。
Ctrl A Attribute Editor [Symbol Attribute Editor]ウィンドウの表示。PrefixやValueを変更する際に使用する。
Ctrl W Attribute Window [Attibute Window to Add]ウィンドウの表示。シンボルに表示する項目(Value等)を決める際に使用する。
Ctrl Z Zoom Area カーソルで囲った部分を拡大表示する。なお、拡大縮小「Ctrl+マウスのホイール」の方が使いやすいです。
Ctrl B Zoom Back ズームアウトする。なお、拡大縮小「Ctrl+マウスのホイール」の方が使いやすいです。
Space Zoom to Fit 回路図やコメントが表示いっぱい写るようにズームをフィットさせる。

スポンサーリンク

ネットリスト画面で使用するショートカット

【LTspice】ネットリスト画面で使用するショートカット

Ctrl Shift キー 便利度 英語呼称 内容
Ctrl G Goto Line Number [Enter Line Number]の表示。指定した行に移動することができる。
Ctrl R Run Simulation シミュレーションを実行する。
Ctrl H Halt Simulation 実行中のシミュレーションを中止する。
F9 Undo 直前の操作をやり直す、デフォルトでは500個前の動作まで戻すことができる。エクセルとかワードでは元に戻す場合「Ctrl+Z」を使用しますが、LTspiceでは『F9』を使用して元に戻ります。
Shift F9 Redo Undoで動作を戻した前に再び戻す。F9で動作を戻した後に行う。
Ctrl L View SPICE Error Log SPICE Erroe Logを表示させる。

LTspice全体で共通のショートカット

Ctrl Shift キー 便利度 英語呼称 内容
F1 Help ヘルプ画面を表示する。
Ctrl N New Schematic 回路図を新しく作成する。
Ctrl O Open... [Open an existing file]ウィンドウの表示。回路図ファイル(ascファイル)等を開く際に使用する。
Ctrl S Save 保存する。
Ctrl P Print [印刷]ウィンドウの表示。印刷をする際に使用する。

スポンサーリンク

ショートカットキーの追加

LTspiceにはショートカットキーを追加する機能があります(ショートカットキーの追加方法については後日別記事で書きます)。

そこで、LTspice上でデフォルトでは存在しないが、追加すると便利なショートカットを紹介します。
・Run Simulation
F10を押すとシミュレーションを実行するように設定しています。
【LTspice】ショートカットキーの追加

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.