「 月別アーカイブ:2018年03月 」 一覧

表面抵抗と体積抵抗とは

抵抗

【『表面抵抗』と『体積抵抗』】違いや測定について

2019/8/11    

表面抵抗と体積抵抗とは 上図に表面抵抗、表面抵抗率、体積抵抗、体積抵抗率、接地間抵抗の測定方法を示します。 表面抵抗とは試験物表面の2点間の抵抗値です。マットや床などの表面の抵抗を測定します。試験物を ...

各物質の抵抗率について

抵抗

【体積抵抗率とは】測定方法や体積抵抗値との違いについて

2019/8/11    

体積抵抗率とは 物質の抵抗を単位体積(1cm3)当たりで示した値が体積抵抗率(Volume Resistivity)です。記号はρVで表します。体積抵抗率(Volume Resistivity)に”V ...

表面抵抗率の測定方法

抵抗

【表面抵抗率とは】測定方法や表面抵抗値との違いについて

2019/8/11    

表面抵抗率とは 試験対象物1cm2当たりの抵抗値です。すなわち単位面積当たりの抵抗です。ガラスやフィルム等の均一で薄い膜、シート状製品の導電性評価や検査では表面抵抗率(Surface Resistiv ...

帯電絶縁体→絶縁体→GNDの場合01

その他

【静電気】表面電位の求め方・計算方法について

2019/8/11    

【基本事項1】物体を等価回路に変換する 物体の表面電位を計算するうえで、導体と絶縁体を等価回路に直す必要があります。これが非常に重要です。導体は内部で電位差が生じないため、ただの線になりますが、絶縁体 ...

放置01(片側だけに電圧を印可し続けた場合)

コンデンサ

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可し続けた場合

2019/8/11    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ①導体Aに電圧を印可したとき ...

導体Aを接地したとき(片側を接地しないで電圧を印可したとき)

コンデンサ

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可(帯電している方を接地した場合)

2019/8/11    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ②導体Aに電圧を印可したとき ...

導体Aに電圧を印可したとき

コンデンサ

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可(帯電していない方を接地した場合)

2019/8/11    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ②導体Aに電圧を印可したとき ...

GNDを接続して、電圧を印可

コンデンサ

【コンデンサ】片側だけを接地した場合の電位・帯電について

2019/8/11    

開放状態で帯電しているコンデンサの片側だけを接地 ①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位 ...

no image

その他

【静電気】導電性パーツボックス・コンテナ・バッドとは?抵抗値や材料は?

2019/8/11    

目的 ・パーツボックス自体が導電性なので、静電気がたまらない。そのため、パーツボックスにほこりがくっつかない。また、パーツボックスに近い場所にある電子部品や基板の誘導帯電を防止できます。 ・パーツボッ ...

構造

その他

【導電床・導電性マット】使い方・抵抗値・構造について

2019/8/11    

目的 ①床の帯電防止のため →床がカーペットなど絶縁体のものだと床自体が帯電します。 ②作業者等が静電気帯電した場合、たまった電荷を床から除電するため。 →人体の対策(静電靴等)を行っても、床から電荷 ...

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.