その他

【表面抵抗値】静電気対策に最適な抵抗値に関して

更新日:

スポンサーリンク

静電気対策品には必ずと言っていいほど、表面抵抗値が記載されています。

国際電気標準化会議(IEC:International Electrotechnical Comission) 61350-5-1によって、表面抵抗値(Surface Resistance:RS)が分類されています。

静電気導電性材料  1× 10^2 ≦Rs< 1× 10^5Ω
静電気拡散性材料  1× 10^5 ≦Rs< 1× 10^11Ω
静電気絶縁性材料  1× 10^11 ≦Rs

ここで、静電気拡散性材料とは、帯電しにくく、かつ電荷をゆるやかに拡散することができる材料のことです。

このように、表面抵抗値によってグループ分けされますが、国内のサイトでも抵抗値の分類がバラバラだし、海外のサイトでも抵抗値の分類がバラバラです・・・。まとめるとこのようになり、重なりが生じている部分が多くあります。

表面抵抗

なので、主にIEC 61350-5-1で分類されている表面抵抗値を参考にするのが良いと私は思います。

静電気導電性材料(Electrostatics Conductive)

■メリット
摩擦や剥離などによって帯電しにくいため、電荷発生源にはなりにくい。
■デメリット
表面抵抗値が低いので、帯電した物体が接触あるいは接触する際には、電荷移動速度が大きいため、急激な静電気放電が起き、大電流が流れる場合がある。

静電気絶縁性材料(Insulative)

■メリット
表面抵抗値が高いため、電荷の移動速度は小さく、静電気放電が生じない。
■デメリット
帯電をある程度防止できるが、帯電した物体の静電気を速やかになくすことができない性質を持っているため、電荷発生源となる。
摩擦や剥離などにより容易に帯電する。

静電気拡散性材料(Static Dissipative)

ESD対策材料として推奨される抵抗帯
■メリット
帯電した物体が接触した際に、激しい静電気放電を起こすことない。
帯電を比較的速やかに減衰させることができる。
帯電しにくい。
■デメリット
静電場を遮蔽できるほどの導電性は持たない。

導電性を使用する際の注意点

静電気を撲滅するためには、表面抵抗値の低い導電性のものを使用した方が良い。しかし、導電性のものを使用するときには注意が必要である。
注意1:表面抵抗値が低いため、帯電物との接触時に静電気放電のリスクが高くなる。
注意2:バッテリーを実装した回路においては、短絡することによって漏電するリスクがある。
注意3:高電圧部分に触れた場合、感電のリスクがある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.