その他

【キムワイプの使い方】用途は?キムタオルとの違いは?

投稿日:

スポンサーリンク

高校や大学時代に理系だった方なら、一度はちらっと見たことがある直方体でシンプルな緑のラインが特徴的な「キムワイプ」。

実験室の人気者で研究室(特に化学系)に所属すると誰もが最初に覚える単語です。「キムワイプ取ってー!」などなど笑

理系の方には馴染みがあるのですが、文系の方は知らない方の方が多いのかな。

見た目はティッシュだけど全然ティッシュと特徴が違うのです。

ではこれから詳しく紹介します。

キムワイプとは

キムワイプは英語でKimWipeと書きます。Kimは製造会社のアメリカのキンバリー・クラーク(Kimberly-Clark)のKimから。Wipeは「拭き取る」という意味です。Wipeと書いてあるように拭き取り紙(業務用)に用います。

スポンサーリンク

特徴

ティッシュにそっくりのキムワイプ。ただし、似ているのは見た目だけ。普段私たちが日常で使用しているティッシュとキムワイプの違いをこれから説明します。
違い①:パルプくず(繊維くず、紙くず)が出ないところ。
ティッシュだと、拭いた後には細かなくずが残りますが、キムワイプはこの心配がありません。パルプくずが全く出ないのです。そのため、わずかなゴミや不純物等が影響して実験結果が変わる時などに重宝します。くずが出ないことは繊細な実験にとってはとても大切なことなのです。

違い②:硬い紙質
この硬い紙質のため、細かい傷をつけてしまうことがあります。細かい傷に敏感なレンズなどに使用する際は、使わない方が良いでしょう。
違い③:ケバ立ちがない
違い④:水に溶けにくい
水に溶けないですが、水分や油分をすばやく吸収します。

用途

油や汚れを取る紙製シートです。ビーカーなど実験器具の清掃、液体の吸い取り、電子部品のワイピング、色素の吸着などに使用されています。そのため、大学や企業の研究室や、電子機器を扱う工場などで多く使われていますよ。

スポンサーリンク

どこが作っているの?

キムワイプは、アメリカの大手製紙業キンバリー・クラークが製造しています。日本ではボックスティッシュのスコッティやクリネックスで有名な日本製紙クレシアがキンバリー・クラークとの提携に基づき製造しています。

変わった用途

■眼鏡拭き
ティッシュよりも硬くゴワついているので、細かい傷に注意しましょう。
■鼻をかむ
確かにかむことはできますが、ティッシュよりも硬いので痛いですよ。ヒリヒリします。
■卓球
本格的に「国際キムワイプ卓球協会(KTTA)http://www.iktta.org/index.ja.html」という団体があり、500名を超える会員が所属しています。キムワイプの箱を使った「キムワイプ卓球」なる競技も存在しているそうです(youtubeで検索すると出てきますよ)。

スポンサーリンク

種類

定番サイズは、S-200、M-150、L-100。このS,M,Lはサイズを、横の数字は入っている枚数を示しています。
一番メインのS-200はティッシュのような長方形ではなく、正方形に近い形が特徴。これは、机の上においても邪魔にならないよう、この形になったそうです。

商品 枚数 大きさ
キムワイプ S-200 200枚 120mm×215mm
キムワイプ M-150 150枚 225mm×210mm
キムワイプ L-100 100枚 470mm×425mm
キムワイプ S-200 mini 200枚 96mm×215mm
キムワイプ S-250 リントガード 250枚 112mm×215mm
キムワイプ ハンドタオル200 2枚重ね 200組(400枚) 218mm×230mm

どこで売っているの?

東急ハンズで普通に売っています。S-200は200円程度。渋谷や新宿など一部店舗でバラ売り販売しているそうです。なんと、実験用品部門では売上ランキングが1位になっています。アマゾンなどでも売っていますよ。

キムタオルとの違い

姉妹品にキムタオルがあります。
材質はどちらもパルプ100%ですが、しかし、キムタオルとキムワイプは紙質も全然違うので、用途も異なります。

大きな違いはキムワイプはワイプくずが出ないですが、キムタオルは表面が剥がれやすいため、ワイプくずが出ます。
キムタオルとキムワイプは紙質も全然違うので、使用するのに同じようには使っていないです。
キムワイプは先ほど説明しましたので、これからキムタオルの使い方を説明します。
キムタオルはキムワイプと比べると、厚手なので水分の吸収率が良いです。そのため、お水をキムタオルに含ませて保湿剤として使ったり、油を吸わせたりして使用します。お掃除にも便利品です。

材質はどちらもパルプ100%ですが、キムタオルは厚手で給水力がある反面、表面が剥がれやすく、対象物にカスが残り易いです。
キムワイプは薄手でペラペラですが、カスが残りにくいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.