『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは?分かりやすく説明します!

スポンサーリンク


この記事では『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』について

  • 『残留磁束密度(残留磁化)』とは?
  • 『保持力』とは?

などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。

『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは?

『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは?

残留磁束密度\(B_r\)とは、鉄・フェライト・コバルトなどの磁性体(コア)の磁気特性を表すヒステリシス曲線(上図に示している磁束密度\(B\)と磁界\(H\)の関係を示す曲線)において、磁性体が磁気飽和する(飽和磁束密度\(B_S\)に達する)まで磁界の強さ\(H\)を強めた後に、磁界の強さ\(H\)を0に戻した時に残る磁束密度\(B\)の値です。

もう少し詳しく説明します。

コイル(インダクタ)は、鉄・フェライト・コバルトなどの磁性体(コア)に電線を巻くことで構成されています。コイル(インダクタ)に流す電流\(I{\mathrm{[A]}}\)と磁界の強さ\(H{\mathrm{[A/m]}}\)には比例関係があるため、コイル(インダクタ)に流す電流\(I\)を大きくすると、磁界の強さ\(H\)が大きくなります。

すなわち、コイル(インダクタ)に電流\(I\)を流すと磁界(磁場)\(H\)が発生します。この磁界\(H\)によって、磁性体は磁化を帯びます(磁化されます)。この時、単位面積当たりのN極からS極へ向かう磁界の流れを磁束密度\(B{\mathrm{[T]}}\)といい、磁石の強さを表します。

電流\(I\)を大きくすると(磁界の強さ\(H\)を大きくすると)、磁束密度\(B\)が大きくなりますが、曲線は徐々に緩やかになり、最終的には、電流\(I\)を大きくしても(磁界の強さ\(H\)が大きくなっても)磁束密度\(B\)が一定となります。その箇所が飽和磁束密度\(B_S\)となります。飽和磁束密度\(B_S\)の箇所では、コイル(インダクタ)が磁気飽和しています。

また、飽和磁束密度\(B_S\)まで磁界の強さ\(H\)を強めた後に、磁界の強さ\(H\)を0に戻しても、磁化された磁性体には磁力が残ります。この時の磁束密度\(B\)を残留磁束密度\(B_r\)と呼びます。

この残留磁束密度\(B_r\)を無くすためには、磁界\(H\)の向きを逆向きにする必要があります。残留磁束密度\(B_r\)をゼロにするのに必要な磁界の強さ\(H\)を保持力\(H_C\)と呼びます。保持力\(H_C\)は言い換えれば、残留磁束密度\(B_r\)の残りやすさとなります。保持力\(H_C\)が大きいほど、残留磁束密度\(B_r\)が残りやすいということなので、永久磁石としては性能が良いということになります。

これまで説明した残留磁束密度\(B_r\)と保持力\(H_C\)は永久磁石の磁気パワーを示す指標となります。永久磁石は磁界の強さ\(H\)をゼロにしても磁化された状態を維持したいため、永久磁石のヒステリシス曲線は下図のようになります。

永久磁石の『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』

補足

  • ヒステリシス曲線はB-Hカーブ、磁化曲線、磁気ヒステリシス曲線、ヒステリシス環線とも呼ばれています。
  • 残留磁束密度\(B_r\)は残留磁化(Residual Magnetization)とも呼ばれます。
  • 残留磁束密度\(B_r\)は英語では『Residual magnetic flux density』や『Remanence』と書きます。
  • 保持力\(H_C\)は英語では『Coercive Force』、『Coercive Strength』や『Coercively』と書きます。

まとめ

この記事では『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』について、以下の内容を説明しました。

  • 『残留磁束密度(残留磁化)』とは?
  • 『保持力』とは?

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧は以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

本記事で説明した『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』の関連記事は下記となっています。ご参考になれば幸いです。

また、下記に当サイトの人気記事を記載しています。ご参考になれば幸いです。

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5