電子部品

【リレー】『動作時間』・『復帰時間』・『バウンス時間』について!

スポンサーリンク

この記事ではリレーについて

  • 『動作時間』・『復帰時間』・『バウンス時間』

を図を用いて分かりやすく説明しています。

『動作時間』・『復帰時間』・『バウンス時間』

『動作時間』・『復帰時間』・『バウンス時間』

リレーの関連用語として、『動作時間』と『復帰時間』と『バウンス時間』があります。各時間が何を示しているのかを以下に示します。

動作時間

動作時間はリレー内部のコイルに定格電圧を印加した時点から、接点が動作する(『a接点が閉じる』か『b接点か開く』)までの時間です。

英語では「Operate Time」や「Operating Time」と書きます。

接点を複数個持つリレーの場合、何か指定がなければ、一番遅い接点が動作するまでの時間となります。

復帰時間

復帰時間はリレー内部のコイルから定格電圧を取り除いた時点から、接点が復帰する(『a接点が開く』か『b接点か閉じる』)までの時間です。

復旧時間とも呼ばれており、英語では「Release Time」と書きます。

接点を複数個持つリレーの場合、何か指定がなければ、一番遅い接点が復帰するまでの時間となります。

バウンス時間

バウンス時間はリレーの動作時や復帰時において、「可動部分(接極子)が鉄心やバックストップへの衝突」、「接点相互の衝突」、「振動」などによって生じる接点間の異常な間欠開閉現象の継続時間です。

接点バウンス時間とも呼ばれており、英語では「Bounce Time」と書きます。

補足

まとめ

この記事ではリレーついて、以下の内容を説明しました。

当記事のまとめ

  • 『動作時間』・『復帰時間』・『バウンス時間』

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5