LTspice

【LTspice】『Move』と『Drag』の違い!配線が斜めになる理由など!

スポンサーリンク

この記事ではLTspiceの「Move」と「Drag」について説明します。

以下の目次から各項目に飛べるようになっています。

LTspiceの「Move」と「Drag」について

LTspiceの「Move」と「Drag」について

LTspiceでは配置した部品を移動させるときに、「Move」か「Drag」を使用します。

LTspiceのツールバーにおいて開いた手が「Move」、閉じた手が「Drag」です。

補足

メニューバーの「Edit」にも「Move」と「Drag」があります。

「Move」と「Drag」の使い方と違い

「Move」と「Drag」の使い方と違い

  1. ツールバーまたはメニューバーの「Move」か「Drag」を左クリックすると移動モードになります(ショートカットキーのF7(Move)F8(Drag)でも可能です)。この時、「Move」だとマウスが開いた手、「Drag」だと閉じた手になります。
  2. 移動させたい部品の上にマウスを持っていきます。
  3. 左クリックして部品を選択し、マウスを移動させます。マウスを移動させると、選択した部品が移動します。この時、「Move」だと部品のみの移動します。一方、「Drag」だと結線関係を保持したまま移動します。なお、「Drag」だと、配線が斜めになるので、注意しましょう。
  4. 移動した後、再び左クリックをすると、「Move」だとマウスが開いた手、「Drag」だと閉じた手に戻ります。
  5. この状態で、「右クリック」か「ESC」を押してキャンセルを押すと、移動モードから抜け出します。

なお、範囲を指定して移動をさせることも可能です。範囲指定の起点で左クリックを押しながら、マウスを移動させ、範囲指定の終点でマウスを離します。

まとめ

この記事ではLTspiceの「Move」と「Drag」について、以下の内容を説明しました。

当記事のまとめ

  • 「Move」と「Drag」のツールバーの場所とメニューバーの場所
  • 「Move」と「Drag」の使い方と違い

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

なお、その他のLTspiceの使い方(コマンドや解析方法など)については以下のボタンから移動することができます。

LTspiceの記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5