LTspice

【LTspice】『Move』と『Drag』の違い

更新日:

スポンサーリンク

LTspiceでは配置した部品を移動させるときに、「Move」か「Drag」を使用します。ツールバーで開いた手が「Move」、閉じた手が「Drag」です。なお、メニューバーの「Edit」にも「Move」と「Drag」があります。

「Move」と「Drag」の違い

「Move」と「Drag」のツールバー
「Move」と「Drag」の違い

  1. ツールバーまたはメニューバーの「Move」か「Drag」を左クリックすると移動モードになります。ショートカットキーのF7(Move)かF8(Drag)でも可能です。この時、「Move」だとマウスが開いた手、「Drag」だと閉じた手になります。
  2. 移動させたい部品の上にマウスを持っていきます。
  3. 左クリックして部品を選択し、マウスを移動させます。マウスを移動させると、選択した部品が移動します。この時、「Move」だと部品のみの移動ですが、「Drag」だと結線関係を保持したまま移動します。なお、「Drag」だと、配線が斜めになるので、注意しましょう。
  4. 移動した後、再び左クリックをすると、「Move」だとマウスが開いた手、「Drag」だと閉じた手に戻ります。
  5. この状態で、「右クリック」か「ESC」を押してキャンセルを押すと、移動モードから抜け出します。

なお、範囲を指定して移動をさせることも可能です。範囲指定の起点で左クリックを押しながら、マウスを移動させ、範囲指定の終点でマウスを離します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.