抵抗

ヒューズ抵抗の『最高開回路電圧』とは?

スポンサーリンク

ヒューズ抵抗のデータシートを見ると、最高開回路電圧という項目があります。この記事ではこの最高開回路電圧について説明しています。

最高開回路電圧とは

最高開回路電圧

最高開回路電圧は、抵抗が挿入されている電気回路において、抵抗が開放状態(オープン状態)になったとき、抵抗の端子間に印加することのできる電圧の最大値です。

この最高開回路電圧は『データシートに記載されている値』または『定格電圧の30倍の低い方の電圧』としています。

なお、最高開回路電圧は英語では「Maximum Open-Circuit Voltage」と書きます。

電気回路の異常時(例えば、MOSFET等の半導体がショートなど)により、抵抗に過電流が流れると、抵抗が断線して、開放状態となります。この状態で高い電圧が印加されると、アーク現象が生じる可能性があります。このアーク現象を防止するために、最高開回路電圧以下で使用することが必要となります。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5