トランス

変圧器の『損失比』と『全損失』について!

スポンサーリンク


この記事では変圧器の『損失比』と『全損失』について

  • 損失比と全損失
  • 損失比とは
  • 全損失とは

を図を用いて説明しています。

以下の目次から各項目に飛べるようになっています。

損失比と全損失

損失比と全損失

変圧器は1次側から2次側へ電力を伝達する際、1次側に入力される電力がすべて2次側に出力されることはありません。鉄損(無負荷損)銅損(負荷損)などの損失があるからです。

例えば、100のエネルギーを入力しても、出力には90のエネルギーしか出力されず、残りの10は鉄損(無負荷損)や銅損(負荷損)などの損失になるというイメージです。

ここで、変圧器の損失に関連する用語として、『損失比』と『全損失』があります。この記事ではこの『損失比』と『全損失』について詳しく説明しています。

損失比とは

損失比\({\gamma}\)鉄損(無負荷損)\(P_I\)定格負荷時の銅損(全負荷損)\(P_C\)の比率であり、以下の式で表されます。

\begin{eqnarray}
{\gamma}=\frac{定格負荷時の銅損(全負荷損)P_C}{鉄損(無負荷損)P_I}
\end{eqnarray}

分子が定格負荷時の銅損(全負荷損)\(P_C\)、分母が鉄損(無負荷損)\(P_I\)となります。損失比\({\gamma}\)は一般的には2~5程度となっています。

全損失とは

全損失\(W\)鉄損(無負荷損)\(P_I\)銅損(負荷損)\(P_{Cα}\)の和であり、以下の式で表されます。

\begin{eqnarray}
W=鉄損(無負荷損)P_I+銅損(負荷損)P_{Cα}
\end{eqnarray}

鉄損(無負荷損)と銅損(負荷損)とは

変圧器は負荷を使用していなくても通電しているだけで、損失が発生しています。この損失を鉄損(無負荷損)といいます。また、負荷を使えば使うほど大きくなる損失があります。この損失を銅損(負荷損)といいます。

まとめ

この記事では変圧器の『損失比』と『全損失』について、以下の内容を説明しました。

当記事のまとめ

  • 損失比と全損失
  • 損失比とは
  • 全損失とは

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5