基板

【基板】NTH・切穴・キリ穴・バカ穴とは

更新日:

スポンサーリンク

基板に関して調べていると、NTHとか切穴という用語を見かけます。
今回はその用語について説明します。

NTH・切穴・キリ穴・バカ穴とは

【基板】NTH・切穴・キリ穴・バカ穴とは
NTHとはNon Through Holeの頭文字を取ったものです。

言葉の通り、スルーホール(Through Hole)ではない(Non)ということです。

基板を貫通している穴だが、穴の内側に銅メッキがされておらず、どの層とも導通が無い穴のことを指します。

穴の内側に銅メッキがされている穴のことを『スルーホール』と呼びます。

『スルーホール』については以下の記事を参考にしてください。
【基板】『スルーホール』と『ランド』と『ビア』の違いとは?

NTHは『切穴』、『キリ穴』、『バカ穴』とも呼ばれています。

なお、片面基板は1層なので、スルーホールがありません。そのため、基板の穴は全部NTHになります。
片面基板ではスルーホールはないため、基板の穴は全部NTHになる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.