その他

【電圧と起電力の記号】『V』と『E』の違いとは?

スポンサーリンク

電気の勉強をしていると、電圧や起電力の記号をV』で表している場合E』で表している場合がありますよね。これらの違いはご存知でしょうか。

この記事ではこの違いについて説明しています。

【電圧と起電力の記号】『V』と『E』の違い

【電圧と起電力の記号】『V』と『E』の違い

『V』と『E』の記号は厳密には以下のように使い分けます。

  • V』の記号
  • 電圧・電圧降下・電位差を表す場合に用います。『V』は電圧(Voltage)の頭文字となっています。例えば、抵抗に電流が流れると両端に電圧が生じます。この時の電圧の記号には『V』(または小文字の『v』)を用います。

  • E』の記号
  • 起電力を表す場合に用います。『E』は起電力(Electro Motive Force)の頭文字となっています。起電力は『コイルの誘導起電力』や『化学反応による電池の起電力』などがあります。この時の電圧の起電力の記号には『E』(または小文字の『e』)を用います。

このように『V』と『E』の記号を厳密に区別すると上記のようになりますが、現在はあまり区別されず好みで使用していることが多いそうです。

ただし、電磁気学の世界では電界(電場とも呼ばれる)の記号で『E』を用います。そのため、『E』の記号を用いると、電界(電場)なのか電圧なのか起電力なのか混乱すると思いますので、『E』の記号を用いる場合には『E:電圧 or 起電力』のように付記することをオススメします。また、『E』の記号はエネルギー(例えば、E=mc2)でも使われています。

このように、『E』は電界やエネルギーの記号でも用いられており、電圧や起電力の記号に『E』を用いると混乱する場合があるため、当サイトでは電圧や起電力の記号はなるべく『V』を使用しています。

補足

全然関係ないですが、電気の世界では、(数学の)虚数単位を『i』ではなく『j』と書きます。これは、電流の記号は『i』または『I』であり、虚数単位との混同を避けるためです。

まとめ

この記事では電圧と起電力の記号について、以下の内容を説明しました。

  • 【電圧と起電力の記号】『V』と『E』の違いについて

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5