トライアックを利用した調光器について!原理などを説明!

スポンサーリンク


この記事では『トライアックを利用した調光器』について

  • トライアックを利用した調光器の回路図・原理・シミュレーション

などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。

トライアックを利用した調光器

トライアックを利用した調光器

トライアックの動作を利用した製品に調光器があります。

上図に示しているのは、トライアック\(TR\)、ダイアック\(D\)、可変抵抗\(VR\)、コンデンサ\(C\)で構成されている調光器の内部回路です。入力電圧\(v_{IN}\)は一般的な商用電源(コンセントから供給される電圧)となります。

可変抵抗\(VR\)の値を調整することで、トライアック\(TR\)がONになる位相を変わり、電球の明るさを変えることができます。可変抵抗\(VR\)が大きいほど、トライアック\(TR\)がONになる位相が遅くなるため、電球が暗くなります。

トライアック\(TR\)をオンする位相を変えているので、この制御方式は位相制御と呼ばれています。

あわせて読みたい

トライアックの原理構造については、下記の記事で別途まとめていますので、ご参考になれば幸いです。

【トライアックとは?】『特徴』や『構造』などを分かりやすく説明します!
【トライアックとは】『構造』や『特徴』などを分かりやすく説明します!

続きを見る

トライアックを利用した調光器の原理

トライアックを利用した調光器の原理

下記の特徴を捉えれば、調光器の原理が分かります。

  • トライアック\(TR\)は3端子の素子であり、ゲートに電流\(i_G\)が流れるとONする。
  • トライアック\(TR\)に流れる電流がゼロ(厳密には保持電流以下)になるとOFFする。
  • ダイアック\(D\)は2端子の素子であり、ダイアックの両端電圧がブレークオーバー電圧\(V_{BO}\)を超えるとONする。
  • 負荷(電球)\(R_{OUT}\)にかかる電圧\(v_{OUT}\)はトライアックがONしている時は入力電圧\(v_{IN}\)と等しくなり、トライアック\(TR\)がOFFしている時は0Vとなる。
  • コンデンサ\(C\)は入力電圧\(v_{IN}\)により充放電されるが、コンデンサ\(C\)にかかる電圧\(v_C\)は入力電圧\(v_{IN}\)よりも時間的に遅れた波形となる。

調光器の原理

トライアックがオンする(入力電圧\(v_{IN}\)がプラスの時)

入力電圧\(v_{IN}\)により、コンデンサ\(C\)が充電されると、電圧\(v_C\)が上昇します。電圧\(v_C\)がダイアックのブレークオーバー電圧\(V_{BO}\)を超えると、ダイアック\(D\)がONします。その結果、トライアックにゲート電流\(i_G\)が流れるため、トライアックがONします。

トライアックがOFFする

入力電圧\(v_{IN}\)の電圧がゼロになると、トライアックに流れる電流がゼロになるため、トライアックがOFFします。

トライアックがオンする(入力電圧\(v_{IN}\)がプラスの時)

入力電圧\(v_{IN}\)により、コンデンサ\(C\)が放電されると、電圧\(v_C\)が低下します。電圧\(v_C\)がダイアックのブレークオーバー電圧\(V_{BO}\)を超えると、ダイアック\(D\)がONします。その結果、トライアックにゲート電流\(i_G\)が流れるため、トライアックがONします。

トライアックがOFFする

入力電圧\(v_{IN}\)の電圧がゼロになると、トライアックに流れる電流がゼロになるため、トライアックがOFFします。

トライアックを利用した調光器は上記の①から④の動作が繰り返されています。

コンデンサ\(C\)にかかる電圧\(v_C\)は可変抵抗\(VR\)により調整します。可変抵抗\(VR\)の大きさを大きくすると、コンデンサ\(C\)にかかる電圧\(v_C\)の上昇および低下が遅くなり、トライアックがONする位相が遅くなります。そのため、可変抵抗\(VR\)が大きいほど電球が暗くなります。

LTspiceを用いた調光器のシミュレーション

LTspiceを用いた調光器のシミュレーション

LTspiceのサンプルファイル(Documents\LTspiceXVII\examples\Educational\dimmer.asc)の定数等を変えたシミュレーション回路を上図の左側に示しています。右側に示している波形は上から

  • 入力電圧\(v_{IN}\)
  • コンデンサ\(C\)にかかる電圧\(v_C\)
  • トライアックに流れる電流\(i_G\)
  • 負荷(電球)にかかる電圧\(v_{OUT}\)

となっています。

コンデンサ\(C\)にかかる電圧\(v_C\)が約30V付近になると、ダイアック\(D\)がONし、トライアック\(TR\)にゲート電流\(i_G\)が流れ、トライアック\(TR\)がオンしていることが分かります。

また、LTspiceの『.stepコマンド』を用いて、可変抵抗\(VR\)の値を30kΩ(赤色波形)100kΩ(青色波形)200kΩ(緑色波形)に変化させた時のシミュレーション結果を下図に示しています。可変抵抗\(VR\)の抵抗値が大きいほど、トライアック\(TR\)がONするスピードが遅くなっていることが確認できます。

LTspiceを用いた調光器のシミュレーション(stepコマンド)

LTspiceの『.stepコマンド』については下記の記事で説明していますので、ご参考にしてください。

measコマンドと組み合わせた時のシミュレーション結果
【LTspice】.stepコマンドとは

続きを見る

まとめ

この記事では『トライアックを利用した調光器』について、以下の内容を説明しました。

  • トライアックを利用した調光器の回路図・原理・シミュレーション

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧は以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

また、下記に当サイトの人気記事を記載しています。ご参考になれば幸いです。

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5