【サーマルランドとは】『形状』や『基板に配置する目的』などを解説!

スポンサーリンク

プリント基板上のランドを『サーマルランド』にすることによって、はんだ付け時の温度低下を防ぐことができます。

この記事ではこのサーマルランドについて説明します。

サーマルランドとは

サーマルランドとは

サーマルランドとは、ベタパターンにあるランドに対して、接続用のランドとベタパターンの間にクリアランスを設けて、接触面積を小さくするためのランドです。上図の右側に示すような形状をしています。

サーマルランドのことを『サーマルリング』または略して『サーマル』と呼ぶこともあります。また、サーマルランドを施す処理のことを『サーマル処理』と呼ぶこともあります。

サーマル処理を施してない通常のランドの場合、電源ラインやグラウンド等の面積の広いベタパターンに部品をはんだ付けすると、熱がベタパターンに奪われてしまい、はんだが溶けづらくなります。その結果、実装不良を引き起こす場合があります。

そこで、サーマルランドにすることにより、ベタパターンに熱を伝わりにくくすることができるため、部品のはんだ付け時の温度低下を防ぐことができます。その結果、はんだが溶けやすくなります。特に熱容量の大きい部品(ヒートシンクやトランスなど)に対してサーマルランドは有効です。

補足

  • サーマルランドは英語では「Thermal Land」と書きます。
  • 電流容量を増やすために、あえてサーマルランドにしない場合もあります。

まとめ

この記事では、プリント基板上にある『サーマルランド』について、以下の内容を説明しました。

  • 『サーマルランド』の形状と特徴

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5