【不良率の単位『PPM』とは?】パーセントとの換算方法などを解説!

スポンサーリンク


『PPM』は製品の不良率を表す単位です。この記事ではPPMについて

  • PPMとは何か?
  • PPMの計算方法
  • 『PPM』と『%(パーセント)』の換算方法

などを説明しています。ご参考になれば幸いです。

製品の不良率を表す『PPM』とは

製品の不良率を表す『PPM』とは

『PPM(ピーピーエム)』は製品の不良率を表す単位であり、製品100万個あたりの不良品の数を示しています。なお、PPMは「Parts Per Million」の略であり、「1 Million」は「100万」の意味です。

製品の不良率が1PPMの場合、「100万個あたり不良品は1個ですよ!」ということを意味しています。

ここで、一例として、1000個の製品を作ったところ不良品が25個だった場合において、不良率を『PPM(ピーピーエム)』と『%(パーセント)』の単位を用いて計算してみましょう。

不良率の単位に『PPM(ピーピーエム)』を用いる場合

不良率は次式で表されます。

\begin{eqnarray}
不良率&=&\frac{25}{1000}\\
&=&0.025
\end{eqnarray}

上記の値は製品1個あたりに0.025個の不良品があるということになります。そのため、上記で求めた値に100万(106)を掛けることで、単位を『PPM(ピーピーエム)』にすることができます。式で表すと次式となります。

\begin{eqnarray}
不良率&=&\frac{25}{1000}×10^6\\
&=&0.025×10^6\\
&=&25,000{\mathrm{[PPM]}}
\end{eqnarray}

不良率の単位に『%(パーセント)』を用いる場合

上記で求めた値に100(102)を掛けることで、単位を『%(パーセント)』にすることができます。式で表すと次式となります。

\begin{eqnarray}
不良率&=&\frac{25}{1000}×10^2\\
&=&0.025×10^2\\
&=&2.5{\mathrm{[{\%}]}}
\end{eqnarray}

『PPM(ピーピーエム)』と『%(パーセント)』の換算

先ほどの求めた計算を比較すると、『%(パーセント)』で表されている不良率に1万(104)を掛けることで単位を『%(パーセント)』から『PPM(ピーピーエム)』に換算することもできます。すなわち、下記の計算式が成り立ちます。

\begin{eqnarray}
1{\mathrm{[{\%}]}}&=&10,000{\mathrm{[PPM]}}=0.01\\
1{\mathrm{[PPM]}}&=&0.0001{\mathrm{[{\%}]}}=0.000001
\end{eqnarray}

まとめ

この記事では、製品の不良率の単位である『PPM(ピーピーエム)』について、以下の内容を説明しました。

  • PPMとは何か?
  • PPMの計算方法
  • 『PPM』と『%(パーセント)』の換算方法

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5