その他(受動部品)

【チップ部品のサイズ】0603や1005とは?mm表記とinch表記の違いは?

更新日:

スポンサーリンク

チップ部品のサイズについて

チップ部品のサイズ
チップ抵抗やチップコンデンサ等のSMD(Surface Mount Device:表面実装部品)のサイズは長辺サイズ2桁、短辺サイズ2桁の合計4桁(場合によっては5桁)で表記するのが一般的です。

例えば、長辺1.6mm、短辺0.8mmのチップ部品は、それぞれの辺の長さを0.1mm単位で表して、1608という略称になります。
0603や1005とは?mm表記とinch表記の違い

なお、サイズ略称と実際の長さは一般的なものであり、サイズ略称と実際のサイズで違いがある部品があります。チップ部品の使用前には必ずデータシートを確認してください。

スポンサーリンク

mm表記(JIS)とinch表記(EIA)について

チップ部品のサイズ表記はJIS(Japanese Industrial Standards:日本工業規格)とEIA(Electronic Industries Alliance:電子工業会)で規格化されています。JISは日本の工業規格なのでチップ部品をmm表記で表します。一方、EIAは米国の工業規格なのでチップ部品をinch表記で表すのが一般的です。この表記法の違いが混乱の原因となります。

例として、長辺1.6mm、短辺0.8mmのチップ部品を考えてみましょう。

JISにおけるmm表記では、1608という略称になります。一方、EIAにおけるinch表記では、0603という略称になります(mmをinchに変換すると、長辺0.0630inch、短辺0.0315inchとなり、それぞれの辺の長さを0.1inch単位で表すと0603となります)。

mm表記でも0603(長辺0.6mm、短辺0.3mm)はあります。そのため、0603のチップ部品はmm表記の0603inch表記の0603の両方があるのです。

この混乱を避けるために、0603(1608)のようにinch表記とmm表記の両方が記載されている場合があります(数字の大きい方がmm表記となります)。また、mm表記の場合にはメートル法の単位を表わす「M」を追加して1608Mと記載する場合があります。

チップサイズの一覧表

以下にチップサイズの一覧表を示します。赤色の箇所はmm表記とinch表記で同じ略称が使用されているものになります。

inch表記(EIA) mm表記(JIS) 長辺[mm] 短辺[mm]
01005 0.1 0.05
0201 0.2 0.1
009005 03015 0.3 0.15
01005 0402 0.4 0.2
0201 0603 0.6 0.3
0402 1005 1.0 0.5
0603 1608 1.6 0.8
0805 2012 2.0 1.2
1206 3216 3.2 1.6
1210 3225 3.2 2.5
1311 3528 3.5 2.8
1812 4532 4.5 3.2
2010 5025 5.0 2.5
2020 5050 5.0 5.0
2220 5750 5.7 5.0
2412 6332 6.3 3.2
2512 6432 6.4 3.2
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.