ツェナーダイオード

ツェナーダイオードの温度特性について!

ツェナーダイオードの温度特性について!

ツェナーダイオード(定電圧ダイオード)のツェナー電圧は温度によって変化します。ツェナー電圧が5V付近を境界とし、5V付近よりもツェナー電圧が高いものは正の温度係数を持ちます。

ツェナーダイオードの『動作抵抗』とは?

ツェナーダイオードの『動作抵抗』とは?

ツェナーダイオードに流れるツェナー電流が変化すると、ツェナー電圧が微妙に変化します。このツェナー電圧とツェナー電流の傾きを『動作抵抗』と呼びます。

ツェナーダイオードの『逆電流』とは?

ツェナーダイオードの『逆電流(漏れ電流、リーク電流)』とは?

ツェナーダイオードの逆電流とは、ツェナーダイオードに逆電圧を印加した際に微小に流れてしまう電流のことです。逆電流は『逆方向電流』や『漏れ電流(リーク電流)』とも呼ばれています。

『ツェナーダイオード』と『基準電圧IC』の違い

『ツェナーダイオード』と『基準電圧IC』の違い

シャントレギュレータには負荷と並列に制御素子が接続されています。 この制御素子には基本的に『ツェナーダイオード』と『基準電圧IC(シャントレギュレータICとも呼ばれています)』が使用されているのが多い ...

ツェナーダイオードを用いたシャントレギュレータの回路形態

【設計】ツェナーダイオードを用いたシャントレギュレータ

シャントレギュレータの基本回路『ツェナーダイオードを用いたシャントレギュレータ』の設計方法について説明します。 回路形態 ツェナーダイオードのツェナー電圧を利用した回路です。直列抵抗RSとツェナーダイ ...

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5