その他

最低発注数量(MOQ)と最小発注単位(SPQ)と出荷梱包単位(SNP)の違いとは!

スポンサーリンク

受注や発注でよく使われる用語である、MOQSPQSNP・・・。

これらのアルファベットの意味を理解して使うことが出来ていますでしょうか。

これらの用語の意味を正しく理解していないと受発注業務で大きなミスにつながる可能性があります。そのため、この記事では、MOQSPQSNP意味違い使い方について詳しく説明していますので参考にしてください。

最低発注数量(MOQ)と最小発注単位(SPQ)と出荷梱包単位(SNP)の違い

最低発注数量(MOQ)と最小発注単位(SPQ)と出荷梱包単位(SNP)の違い

後ほどそれぞれの意味について説明しますが、各アルファベットの意味は以下のようになっています。

  • MOQ:最低発注数量
  • Minimum Order Quantity」の略であり、発注できる最低数量のこと。

  • SPQ:最小発注単位
  • Standard Packing Quantity」 の略であり、発注できる最小単位のこと。

  • SNP:出荷梱包単位
  • Standard Number of Package」 の略であり、出荷時の梱包量のこと。

ではこれから詳しく説明していきます。

最低発注数量(MOQ)

最低発注数量(MOQ)

MOQとは、「Minimum Order Quantity」の略であり、発注できる最低数量(最低発注数量) のことを指します。

  • M:Minimum→最低の
  • O:Order→発注
  • Q:Quantity→数量
  • という意味より、『最低の発注数量→最低発注数量』となります。

    例えば、見積書に「MOQ:100pcs」と書かれていれば、「100個から発注できますよ!」という意味になります。また、MOQ以外に条件がない場合、1個単位で数量を指定できます。そのため、101個や102個のように中途半端な数量でも発注をすることができます。 

    最小発注単位(SPQ)

    最小発注単位(SPQ)

    SPQとは、「Standard Packing Quantity」の略であり、発注できる最小単位(最小発注単位) のことを指します。

    • S:Standard→標準の
    • P:Packing→梱包
    • Q:Quantity→数量

    という意味より、少し無理やりですが、『標準の梱包数量→最小発注単位』となります。

    例えば、見積書に「SPQ:10pcs」と書かれていれば、「梱包は10個単位でしているので、発注は10個単位でしてください!」という意味になります。そのため、10個、20個、30個・・・とSPQの倍数で発注する必要があります。11個とか12個のような細かい数量を指定することはできません。

    出荷梱包単位(SNP)

    出荷梱包単位(SNP)

    SNPとは、「Standard Number of Package」 の略であり、出荷時の梱包量(出荷梱包単位) のことを指します。

    • S:Standard→標準の
    • N:Number→数
    • P:Package→梱包の

    という意味より、無理やりですが、『梱包の標準数→出荷梱包単位』となります。

    SNPSPQと似ている用語ですが異なります。SNPは物流の世界でよく使われる用語です。

    このSNPは輸送効率を上げることを目的としており、梱包材(段ボールなど)は輸送車やコンテナに最適なサイズに設計されています。梱包材のサイズが決まっているため、その梱包材に入れることができる商品数は商品サイズによって異なります。そのため、輸送する商品によっては、SNPは中途半端な値になることがあります(例えば、SNP:55pcsなど)。

    例えば、見積書に「SNP:55pcs」と書かれて入れば、「1つの梱包材(段ボールなど)に55個の商品が梱包されているよ!」という意味になります。

    この出荷梱包単位(SNP)最小発注単位(SPQ)と同じ意味としてとらえている場合があります。例えば、「SNP:55pcs」の場合、1つの梱包材(段ボールなど)に55個の商品が梱包されてることになります。梱包単位がそのまま発注単位となっていれば、「SNP:55pcs」と「SQP:55pcs」は同じ意味となり、55個単位で発注をする必要があります。

    最低発注数量(MOQ)最小発注単位(SPQ)の読み方

    最低発注数量(MOQ)最小発注単位(SPQ)の読み方について説明します。

    例えば、見積書に

    MOQ/SPQ100/10

    と書いてある場合、

    最低発注数量(MOQ)が100個なので、「100個から発注できますよ!」という意味であり、最小発注単位(SPQ)が10個なので、「10個単位で発注してくださいね!」という意味になります。

    したがって、「MOQ/SPQ100/10」の場合は、最低100個で10個単位で発注する必要があります。例えば、100個、110個、120個、・・・のように発注します。

    まとめ

    この記事では最低発注数量(MOQ)最小発注単位(SPQ)出荷梱包単位(SNP)の違いについて、以下の内容を説明しました。

    当記事のまとめ

    • 最低発注数量(MOQ)とは
    • 最小発注単位(SPQ)とは
    • 出荷梱包単位(SNP)とは
    • 最低発注数量(MOQ)最小発注単位(SPQ)の読み方

    お読み頂きありがとうございました。

    当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

    全記事一覧

    について説明しました。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    -その他

    © 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5