その他

【ガウスの発散定理とは?】『公式』や『意味』などを解説!

スポンサーリンク


この記事ではガウスの発散定理について説明します。

ガウスの発散定理とは

ガウスの発散定理とは
ガウスの発散定理とは、面積の積分(面積分)体積の積分(体積分)の関係を表す公式であり、次式となります。

ガウスの発散定理の公式

  • 面積ベクトル\(d{\vec{S}}\)を用いる場合
  • \begin{eqnarray}
    \displaystyle\int_{S}{\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}=\displaystyle\int_{V}{\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV
    \end{eqnarray}

  • 法線ベクトル\({\vec{n}}\)を用いる場合
  • \begin{eqnarray}
    \displaystyle\int_{S}{\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}{\vec{n}}{\;}dS=\displaystyle\int_{V}{\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV
    \end{eqnarray}

上式の左辺は面積分、右辺は体積分を表しています。このガウスの発散定理は、式から分かるように『面積分体積分』の変換に用います。

上式だけだとイメージが湧かないと思いますので、次にガウスの発散定理の意味について説明します。

補足

ガウスの発散定理は英語では「Gauss's divergence theorem」と書きます。

ガウスの発散定理の意味

ガウスの発散定理の意味
ガウスの発散定理の意味ですが、分かりやすく解釈すると、

ガウスの発散定理の意味

ある立体があって、立体内部から何らかの量(例えば、水や電気力線など)が湧き出ているとします。その時、立体内部から湧き出る量の合算\(\left(\displaystyle\int_{V}{\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV\right)\)は、立体表面を通って外に出ていく量\(\left(\displaystyle\int_{S}{\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}\right)\)と同じになる。というのがガウスの発散定理の意味となっています。

湧きだしたものが外に出ていく・・・当たり前といえば当たり前ですね。

では次に、立体内部から湧き出る量の合算\(\left(\displaystyle\int_{V}{\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV\right)\)立体表面を通って外に出ていく量\(\left(\displaystyle\int_{S}{\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}\right)\)について少し詳しく説明します。

立体内部から湧き出る量の合算

立体から湧き出る量
体積\(V\)の立体内部から湧き出る\({\vec{E}}\)の量の合算は次式で表されます。

\begin{eqnarray}
体積Vの立体内部から湧き出る{\vec{E}}の量の合算=\displaystyle\int_{V}{\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV
\end{eqnarray}

上式の意味

まず『\({\mathrm{div}}{\vec{E}}\)』について説明します。

『\({\mathrm{div}}{\vec{E}}\)』とは、単位体積あたりに全方向へ湧き出る\({\vec{E}}\)の量のことを意味しています。

そのため、微小体積\(dV\)の立体から全方向へ湧き出る\({\vec{E}}\)の量は『\({\mathrm{div}}{\vec{E}}\)』に微小体積の『\(dV\)』を掛ければよいので、

\begin{eqnarray}
微小体積dVの立体から全方向へ湧き出る{\vec{E}}の量={\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV
\end{eqnarray}

となります。

したがって、体積\(V\)の立体内部から湧き出る\({\vec{E}}\)の量の合算は、微小体積\(dV\)の立体から湧き出る\({\vec{E}}\)の量(\({\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV\))足し合わせる(=体積分する)と求めることができ、

\begin{eqnarray}
体積Vの立体内部から湧き出る{\vec{E}}の量の合算=\displaystyle\int_{V}{\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV
\end{eqnarray}

となります。

ここで、上式について、少し詳細に説明します。

ガウスの発散定理の公式の意味02

体積\(V\)は、微小体積\(dV\)の足し合わせでできています。

ここで、微小体積\(dV_{1}\)から湧き出る\({\vec{E}}\)の量(\({\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV_{1}\))と隣り合っている微小体積\(dV_{2}\)から湧き出る\({\vec{E}}\)の量(\({\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV_{2}\))を考えてみます。

微小体積\(dV_{1}\)の『\({\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV_{1}\)』微小体積\(dV_{2}\)の『\({\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV_{2}\)』の接触面においては\({\vec{E}}\)の向きが反対となっています。そのため、隣り合っている箇所においては、湧き出ている\({\vec{E}}\)が打ち消し合ってゼロとなるのです。

つまり、何がいいたいのかというと・・・

体積\(V\)の立体内部から湧き出る\({\vec{E}}\)の量の合算は、微小体積\(dV\)から湧き出る\({\vec{E}}\)の量(\({\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV\))足し合わせる(=積分する)ことで求めることができますが、隣り合っている箇所においては湧き出ている\({\vec{E}}\)が互いに打ち消し合うため、結局のところ、立体の表面からのみ\({\vec{E}}\)が湧き出ているということになる。

ということです。では、次に立体の表面から湧き出ている\({\vec{E}}\)の量(立体表面を通って外に出ていく\({\vec{E}}\)の量)を式で表してみましょう。

立体表面を通って外に出ていく量

立体表面を通って外に出ていく量
表面積\(S\)の立体表面から湧き出ている\({\vec{E}}\)の量(立体表面を通って外に出ていく\({\vec{E}}\)の量)は次式で表されます。

\begin{eqnarray}
表面積Sの立体表面を通って外に出ていく{\vec{E}}の量=\displaystyle\int_{S}{\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}
\end{eqnarray}

上式の意味

ガウスの発散定理の公式の意味03

まず、『\({\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}\)』について説明します。

『\({\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}\)』とは、微小面積\(dS\)を通る\({\vec{E}}\)の垂直方向(法線方向)の量のことを意味しています。

したがって、表面積\(S\)の立体表面を通って外に出ていく\({\vec{E}}\)の量は、微小面積\(dS\)を通る\({\vec{E}}\)の垂直方向(法線方向)の量(\({\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}\))足し合わせる(=面積分する)と求めることができ、

\begin{eqnarray}
表面積Sの立体表面を通って外に出ていく{\vec{E}}の量=\displaystyle\int_{S}{\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}
\end{eqnarray}

となります。

したがって、今までのことをまとめると、

体積\(V\)の立体内部から湧き出る\({\vec{E}}\)の量の合算\(\left(\displaystyle\int_{V}{\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV\right)\)は、微小体積\(dV\)から湧き出る\({\vec{E}}\)の量(\({\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV\))を足し合わせる(=積分する)ことで求めることができますが、隣り合っている箇所においては湧き出ている\({\vec{E}}\)が互いに打ち消し合うため、結局のところ、表面積\(S\)の立体表面から湧き出ている\({\vec{E}}\)の量(立体表面を通って外に出ていく\({\vec{E}}\)の量)\(\left(\displaystyle\int_{S}{\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}\right)\)になる。

となります。これを式で表したのがガウスの発散定理の公式であり、

ガウスの発散定理の公式

\begin{eqnarray}
\displaystyle\int_{S}{\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}=\displaystyle\int_{V}{\mathrm{div}}{\vec{E}}{\;}dV
\end{eqnarray}

となるのです。

【補足】E・dSって何?

面積ベクトル

ここでは、『\({\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}\)』について説明します。

まず、面積である\(S\)にベクトルが付いた\({\vec{S}}\)について説明します。

これは、面積ベクトルと呼ばれるものであり、向きが面に垂直な方向(法線方向)で、大きさが\(S\)に等しいベクトルのことを指します。すなわち、\(d{\vec{S}}\)とは、向きが微小体積\(dS\)に垂直な方向(法線方向)で、大きさが\(dS\)に等しいベクトルのことを指します。法線ベクトル\({\vec{n}}\)を用いると次式で表されます。

\begin{eqnarray}
d{\vec{S}}={\vec{n}}dS
\end{eqnarray}

ガウスの発散定理の公式の意味04
また、立体表面から湧き出ている\({\vec{E}}\)は立体表面から必ずしも垂直に出ているとは限りません。そのため、\({\vec{E}}\)の垂直成分の大きさを求める必要があります。例えば、上図の場合では、\({\vec{E}}\)の垂直成分の大きさは

\begin{eqnarray}
{\vec{E}}の垂直成分の大きさ=|{\vec{E}}|{\;}{\cos{\theta}}
\end{eqnarray}

となります。また、面積ベクトル\(d{\vec{S}}\)の大きさは

\begin{eqnarray}
d{\vec{S}}の大きさ=|d{\vec{S}}|
\end{eqnarray}

となります。これを掛け算すると、微小面積\(dS\)を通る\({\vec{E}}\)の垂直方向(法線方向)の量を求めることができます。

\begin{eqnarray}
微小面積dSを通る{\vec{E}}の垂直方向(法線方向)の量=|{\vec{E}}||d{\vec{S}}|{\;}{\cos{\theta}}
\end{eqnarray}

上式は内積の公式によって、
\begin{eqnarray}
微小面積dSを通る{\vec{E}}の垂直方向(法線方向)の量=|{\vec{E}}||d{\vec{S}}|{\;}{\cos{\theta}}={\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}
\end{eqnarray}
に変形できます。

これより、『\({\vec{E}}{\;}{\cdot}{\;}d{\vec{S}}\)』は、微小面積\(dS\)を通る\({\vec{E}}\)の垂直方向(法線方向)の量のことを意味しているということになります。

まとめ

この記事ではガウスの発散定理について、以下の内容を説明しました。

当記事のまとめ

  • ガウスの発散定理とは
  • ガウスの発散定理の意味
  • ガウスの発散定理の立体内部から湧き出る量の合算について
  • ガウスの発散定理の立体表面を通って外に出ていく量について

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5