『電位』と『電圧』の違い!

スポンサーリンク


この記事では『電位』と『電圧』について

  • 『電位』と『電圧』の違い
  • 『電位』と『電圧』のイメージ

などを図を用いて分かりやすく説明するように心掛けています。ご参考になれば幸いです。

電位と電圧の違い

電位と電圧の違い

電位は、基準点(基本的には大地,アース)を0Vとした時の「基準点からの電気的な高さ」です。

一方、電圧は、「任意の2点間の電位差」です。電圧は電位差とも呼ばれています。

電位電圧(電位差)も単位にはV(ボルト)を用います。

上図に示すような1.5Vの乾電池を直列接続している回路があるとします。基準点(大地,アース)をC点にとると、A点,B点,C点の電位は以下の値となります。

  • A点の電位\(V_A\)
  • 基準点からみると、1.5Vの乾電池が2個つながっているので、
    \begin{eqnarray}
    V_A=3.0{\mathrm{V}}({\Leftarrow}{\;}1.5{\mathrm{V}}+1.5{\mathrm{V}})
    \end{eqnarray}

  • B点の電位\(V_B\)
  • 基準点からみると、1.5Vの乾電池が1個つながっているので、
    \begin{eqnarray}
    V_B=1.5{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

  • C点の電位\(V_C\)
  • 基準点の電位なので、
    \begin{eqnarray}
    V_C=0{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

また、AB間、AC間、BC間の電圧(電位差)は以下の値となります。

  • AB間の電圧(電位差)\(V_{AB}\)
  • A点の電位(\(V_A=3.0{\mathrm{V}}\))とB点の電位(\(V_B=1.5{\mathrm{V}}\))の差なので、
    \begin{eqnarray}
    V_{AB}=V_A-V_B=3.0{\mathrm{V}}-1.5{\mathrm{V}}=1.5{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

  • AC間の電圧(電位差)\(V_{AC}\)
  • A点の電位(\(V_A=3.0{\mathrm{V}}\))とC点の電位(\(V_C=0{\mathrm{V}}\))の差なので、
    \begin{eqnarray}
    V_{AC}=V_A-V_C=3.0{\mathrm{V}}-0{\mathrm{V}}=3.0{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

  • BC間の電圧(電位差)\(V_{BC}\)
  • B点の電位(\(V_B=1.5{\mathrm{V}}\))とC点の電位(\(V_C=0{\mathrm{V}}\))の差なので、
    \begin{eqnarray}
    V_{BC}=V_B-V_C=1.5{\mathrm{V}}-0{\mathrm{V}}=1.5{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

電位と電圧のイメージ

電位と電圧の違い(標高と標高差)

上図に電位と電圧のイメージ図を描いています。

「電位(基準点からの電気的な高さ)」は「標高(海面からの高さ)」、「電圧(任意の2点間の電位差)」は「標高差(任意の2点間の標高差)のようなものです。

補足

  • 電位は英語では「Electric Potential」と書きます。
  • 電圧は英語では「Voltage」と書きます。

基準点(大地,アース)をB点にとった場合の電位と電圧

基準点(大地,アース)をB点にとった場合の電位と電圧

先ほどはC点を基準点(大地,アース)にした時の電位と電圧を求めました。

では次に、B点を基準点(大地,アース)にした時の電位と電圧を求めてみましょう。この場合、A点,B点,C点の電位は以下の値となります。

  • A点の電位\(V_A\)
  • 基準点からみると、1.5Vの乾電池が1個つながっているので、
    \begin{eqnarray}
    V_A=1.5{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

  • B点の電位\(V_B\)
  • 基準点の電位なので、
    \begin{eqnarray}
    V_B=0{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

  • C点の電位\(V_C\)
  • 基準点からみると、1.5Vの乾電池が1個つながっているので、
    \begin{eqnarray}
    V_C=-1.5{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}
    →乾電池のプラス側(B点)が基準点で0Vなので、乾電池のマイナス側(C点)はマイナス(-)の値となります。

また、AB間、AC間、BC間の電圧(電位差)は以下の値となります。

  • AB間の電圧(電位差)\(V_{AB}\)
  • A点の電位(\(V_A=1.5{\mathrm{V}}\))とB点の電位(\(V_B=0{\mathrm{V}}\))の差なので、
    \begin{eqnarray}
    V_{AB}=V_A-V_B=1.5{\mathrm{V}}-0{\mathrm{V}}=1.5{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

  • AC間の電圧(電位差)\(V_{AC}\)
  • A点の電位(\(V_A=1.5{\mathrm{V}}\))とC点の電位(\(V_C=-1.5{\mathrm{V}}\))の差なので、
    \begin{eqnarray}
    V_{AC}=V_A-V_C=1.5{\mathrm{V}}-(-1.5{\mathrm{V}})=3.0{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

  • BC間の電圧(電位差)\(V_{BC}\)
  • B点の電位(\(V_B=0{\mathrm{V}}\))とC点の電位(\(V_C=-1.5{\mathrm{V}}\))の差なので、
    \begin{eqnarray}
    V_{BC}=V_B-V_C=0{\mathrm{V}}-(-1.5{\mathrm{V}})=1.5{\mathrm{V}}
    \end{eqnarray}

このように、基準点の取り方によって、電位は変わりますが、電圧は変わりません。

まとめ

この記事では『電位』と『電圧』について、以下の内容を説明しました。

  • 『電位』と『電圧』の違い
  • 『電位』と『電圧』のイメージ

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧は以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

また、下記に当サイトの人気記事を記載しています。ご参考になれば幸いです。

みんなが見ている人気記事

© 2022 Electrical Information Powered by AFFINGER5