ダイオード

ツェナーダイオードの『動作抵抗』とは?

ツェナーダイオードの『動作抵抗』とは?

ツェナーダイオードに流れるツェナー電流が変化すると、ツェナー電圧が微妙に変化します。このツェナー電圧とツェナー電流の傾きを『動作抵抗』と呼びます。

ツェナーダイオードの『逆電流』とは?

ツェナーダイオードの『逆電流(漏れ電流、リーク電流)』とは?

ツェナーダイオードの逆電流とは、ツェナーダイオードに逆電圧を印加した際に微小に流れてしまう電流のことです。逆電流は『逆方向電流』や『漏れ電流(リーク電流)』とも呼ばれています。

【ダイオード】並列接続すると電流は均等に分流される?

【ダイオード】並列接続すると電流は均等に分流される?

2019/8/11    

この記事では、ダイオードを並列接続した時に電流が均等に分流されるのかどうかを『順電流IF-順方向電圧VF特性』等を用いて説明します。 また、どうしてもダイオードを並列に接続したい場合における方法を説明 ...

【ダイオード】順方向電圧の温度特性について(アイキャッチ)

【ダイオード】順方向電圧の温度特性について

2019/8/11    

ダイオードはアノード(A)からカソード(K)に順電流IFを流すと、一定電圧だけ電圧が下がります。 この一定電圧のことを順方向電圧VFと呼びます。 今回はこの順方向電圧VFの温度特性について説明します。 ...

空乏層ができる仕組み

【ダイオード】空乏層ができる原理

2019/9/16    

ダイオードはN型半導体とP型半導体を接続したものですが、このN型半導体とP型半導体の境界には、空乏層と呼ばれるキャリア(自由電子や正孔)がほとんどない領域があります。この記事ではこの空乏層ができる原理 ...

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5