回路

絶縁型のAC/DCコンバータでは感電しない理由

投稿日:

スポンサーリンク

AC/DCコンバータには絶縁型と非絶縁型があります。この時、絶縁型では感電を防止することができると書いてあるのをよく見かけますが、なぜ感電を防止することができるのでしょうか。この理由について説明します。

AC/DCコンバータとは

ACDCコンバータとは
最初に、AC/DCコンバータについて説明します。AC/DCコンバータとは、商用電源の交流電圧をダイオードブリッジによって整流し、電界コンデンサで平滑した後にDC/DCコンバータをつけた回路のことです。このDC/DCコンバータが絶縁型の場合には絶縁型AC/DCコンバータ、このDC/DCコンバータが非絶縁型の場合には非絶縁型AC/DCコンバータと呼ばれます。

絶縁型AC/DCコンバータでは感電しない理由

絶縁型ACDCコンバータでは感電しない理由
上図はDC/DCコンバータに非絶縁型の昇降圧チョッパを用いた場合と、絶縁型のフライバックコンバータを用いた一例です。日本の場合、商用電源のニュートラル(N)は接地されています。

商用電源は日本の場合はAC100Vと非常に高い電圧です。負荷に人体が触れた時、非絶縁型AC/DCコンバータの場合には、商用電源の高電圧→ダイオード→人体→地面を通して電流が流れるため感電する可能性があります。しかし、絶縁型AC/DCコンバータの場合には、入力と出力がトランスによって絶縁されているので、電流が流れず、負荷に人体が触れても感電する可能性はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.