「 月別アーカイブ:2019年07月 」 一覧

セラミックコンデンサの種類と分類01

コンデンサ

セラミックコンデンサの種類と用途について

この記事ではセラミックコンデンサの種類について説明します。 セラミックコンデンサは誘電体に使用するセラミックの種類と構造(単板or積層)によって分類することができます。 セラミックによる分類 セラミッ ...

【電源】『ブリッジダイオード』の選定方法!式計算について

回路

【電源】『ブリッジダイオード』の選定方法!式計算について

2019/8/11    ,

交流入力電圧を直流電圧に変換する際に用いるブリッジダイオードの選定方法について説明します。 ブリッジダイオードの選定方法 ブリッジダイオードは定格電圧、定格電流、サージ電流、消費電力、温度上昇を計算す ...

『ヒステリシス曲線(B-H曲線)』とは?詳しく説明します!

インダクタ(コイル)

『ヒステリシス曲線(B-H曲線)』とは?詳しく説明します!

2019/8/11    ,

ヒステリシス曲線とは? 鉄・フェライト・コバルトなどの磁性体に巻線を巻いたコイル(インダクタ)に電流\(I\)を流すと磁界(磁場)\(H\)が発生します。この磁界\(H\)によって、磁性体は磁化を帯び ...

『ヒステリシス損失』とは?「式」や「原因」について詳しく説明します

インダクタ(コイル)

『ヒステリシス損失』とは?「式」や「原因」について詳しく説明します

『ヒステリシス損失』とは? 鉄・フェライト・コバルトなどの磁性体に巻線を巻いたコイル(インダクタ)に電流\(I\)を流すと磁界(磁場)\(H\)が発生します。この磁界\(H\)によって、磁性体は磁化を ...

『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは?詳しく説明します。

インダクタ(コイル)

『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは?詳しく説明します。

『残留磁束密度(残留磁化)』と『保持力』とは 残留磁束密度\(B_r\)とは、鉄・フェライト・コバルトなどの強磁性体(コア)の磁気特性を表すBH曲線において、磁性体が磁気飽和となる(飽和磁束密度\(B ...

【LLCコンバータ】励磁インダクタに流れる電流のピーク値の導出方法

コンバータ

【LLCコンバータ】励磁インダクタに流れる電流のピーク値の導出方法

2019/8/11    

LLCコンバータにおいて、励磁インダクタに流れる電流のピーク値の導出方法について説明します。 励磁インダクタに流れる電流のピーク値の導出方法 LLCコンバータは『スイッチング周波数\(f_{SW}\) ...

『飽和磁束密度(最大磁束密度)』とは?詳しく説明します

インダクタ(コイル)

『飽和磁束密度(最大磁束密度)』とは?詳しく説明します

飽和磁束密度とは 飽和磁束密度\(B_S\)とは、磁性体(コア)が磁気飽和する時の磁束密度のことを言います。 B-H曲線を用いて、もう少し詳しく説明します。 コイル(インダクタ)は、磁性体(コア)に巻 ...

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.