抵抗

『温度ヒューズ抵抗』とは?構造やヒューズの溶断原理について

投稿日:

スポンサーリンク

この記事では温度ヒューズ抵抗について以下の記事の内容を詳しく説明します。

温度ヒューズ抵抗の構造

温度ヒューズ抵抗の構造
温度ヒューズとは、抵抗温度ヒューズを直列に接続し、セラミックケースに入れ、封止材(シリコーンセメント)で封止した素子です。抵抗と温度ヒューズは溶接されています。

スポンサーリンク

温度ヒューズ抵抗の溶断原理

温度ヒューズ抵抗の溶断原理

過電流による抵抗の自己発熱による溶断

温度ヒューズ抵抗に過電流が流れると、内部の抵抗が自己発熱し、その熱が温度ヒューズに伝わります。その結果、温度ヒューズが溶断し、電流が遮断されます。

外部の異常発熱による溶断

外部の異常発熱は温度ヒューズ抵抗内部の温度ヒューズに伝わります。その結果、温度ヒューズが溶断し、電流が遮断されます。

補足

  • 温度ヒューズ抵抗は、熱の異常な上昇により回路を遮断する目的で作られているので、過電流によって切れる電流ヒューズの用途として使用してはいけません。
  • 温度ヒューズ抵抗には「耐量UP品」があります。耐量UP品とは、誘導負荷(モータ・コイル・トランスなど)や容量負荷(コンデンサなど)において「通電直後」または「急激な電圧や電流の変化時」に生じるインラッシュ電流や、落雷時に発生するサージ電流を考慮したものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.