その他

【QCDとは】『意味』や『関連用語(EQCDやQCDS)』など詳しく説明します!

スポンサーリンク

製造業に努めているエンジニアにとってQCDはよく聞く言葉ですよね。

このQCDの各アルファベットは

  • Q:品質
  • C:コスト
  • D:納期

を意味しているのですが、これらには優先順位があることはご存知でしょうか。

また、QCDには環境(Environment)の頭文字の『E』が加わったEQCDという用語や、安全性(Safety)の頭文字の『S』が加わった、QCDSという用語があるのはご存知でしょうか。

この記事ではQCDについて、優先順位関連用語(EQCDやQCDSなど)をなるべく分かりやすく説明しています。

以下の目次(クリックすると開きます)から各項目に飛べるようになっています。

QCDとは

QCD

QCDとは、製造業において、設計や生産時に重視される以下の重要な3要素の頭文字を取った言葉です。

  • Q:Quality(品質)
  • 商品やサービスの品質

  • C:Cost(コスト)
  • 商品を製造・提供するためのコスト

  • D:Delivery(納期)
  • 商品をお客様のところにとどけるための納期

すなわち、QCDとは品質の良いもの(Quality)を、安く(Cost)早く(Delivery)製造することを常に意識するということを意味しているのです

補足

QCDはQCTと呼ばれることもあります。QCTとは、QCDの「D:Delivery(納期)」を「T:Time(時間)」に置き換えた用語です。

QCDの優先順位

QCDには優先順位があります。

Qが一番最初にくる理由はQuality First(品質第一)だからです。

製品の価格が安い(C)納期が早い(D)というのは製品に対する付加価値にしかすぎません。

例えば、何かの商品を買った時を想像してみてください。

商品を買った後、すぐに壊れたり、何か動作がおかしいなどの不良品が含まれていたら、もうその商品を二度と買わないし、その商品を製造しているメーカーのものは二度と買おうと思わなくなりますよね(時が経てばまた買ってしまうかもしれませんが・・・笑)。

このように品質の悪い商品はメーカーの信頼度を下げる要因となってしまうのです。

そのため、QCDの『Q:Quality(品質)』は優先順位が高くなります。

QCDの相互作用とバランス

QCDの中では『Q:Quality(品質)』が重要だと説明しましたが、QCDには相互作用があるため、どれか1つの要素だけを意識してはいけません。

例えば、『Q:Quality(品質)』の要素だけを意識した場合を考えてみてください。

Q:Quality(品質)』を意識すると、高性能の部品が必要になったり、製品を評価する機械を確度を良いものに変更したりすることが必要となります。そのため、『C:Cost(コスト)』が増加します。

また、『Q:Quality(品質)』を高めるためには、製品の評価項目が増やすことも必要です。しかし、それを行うと評価の時間がかかるため、『D:Delivery(納期)』が遅れてしまう可能性があります。

すなわち、QCDのうち、どれか1つの要素に焦点を当てて良くしようとすると、別の要素が悪くなってしまうのです。

したがって、QCDの3つの要素のバランスを意識することが製造業にとっては重要となります。

品質が良すぎる商品を作っても、商品の価格が高すぎたらお客様は買ってくれません。また、品質と安さを重視していたら、納期が遅れて、他社に遅れをとってしまいます。

言葉では分かっていても実際はこのバランスを意識するのってかなり難しいんですよね。

EQCD

現在は、QCDではなくEQCDへ意識を変えることが重要になってきました。

EQCDの『E』は環境(Environment)の頭文字となっています。

EQCDとは、QCDの前に『E』があることから、QCDのどれよりもE(環境)を優先させようという意識です。

地球温暖化などの環境の問題は、世界規模で様々な影響を与えるため、製造業にとってE(環境)を意識することも避けて通れなくなってきました。

企業の社会的責任として、商品を製造する際に人間や環境に悪影響を与えてはダメ!と言うことです。

これからは、環境にやさしく(E)・品質の良いものを(Q)安く(C)早く(D)製造する

QCDS

QCDには、安全性(Safety)の頭文字の『S』が加わった、QCDSという用語があります。

これは、建設業界などの怪我に隣り合わせの業界は安全性(Safety)を意識することが重要という考えを指しています。

また、製品を販売する企業などの場合、この『S』は『サポート(Support)やサービス(Service)』を表します。これは、消費者からの問い合わせなどのサポート(Support)も重要という考えを指しています

QCDF

QCDには、柔軟性(Flexibility)の頭文字の『F』が加わった、QCDFという用語があります。これは、急な変化に対して柔軟(Flexibility)に対応することが重要という考えを指します。

まとめ

この記事ではQCDについて、以下の内容を説明しました。

当記事のまとめ

  • QCDとは
  • QCDの優先順位
  • QCDの相互作用とバランス
  • EQCDとは
  • QCDSとは
  • QCDFとは

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

© 2020 Electrical Information Powered by AFFINGER5