EUTとDUTとは?『意味』や『違い』などを解説!

スポンサーリンク

試験の対象物を示す用語に『EUT』と『DUT』があります。

この記事ではEUT』と『DUT』の意味・略・違いについて説明します。

ご参考になれば幸いです。

EUTとは

EUTとは

EUTとは「Equipment Under Test」の略であり、試験の対称となる機器のことです。

「EUT(Equipment Under Test)」は日本語では「被試験機器」「被試験装置」または「供試機器」「供試装置」などと呼ばれています。

EUTは主に機器に対して使われる用語です。試験を行う対称が部品や材料の場合にはDUT(Device Under Test)を使うことが多いです。

補足

  • EUTは日本では「イー・ユー・ティー」と発音されることが多いです。

DUTとは

DUTとは

DUTとは「Device Under Test」の略であり、試験の対称となる部品や材料のことです。

「DUT(Device Under Test)」は日本語では「被試験デバイス」などと呼ばれています。

EUTは主に部品や材料に対して使われる用語です。

だた、EUTDUTどちらも試験の対象物を示しているため、EUTDUTはほぼ同義語と捉えて大丈夫です。大雑把に理解しておけば問題ないと思います。

補足

  • DUTは日本では「ディー・ユー・ティー」と発音されることが多いです。英語圏では「ダット」と発音されることがあります。

まとめ

この記事では『EUT』と『DUT』について、以下の内容を説明しました。

  • EUT』とは
  • 「Equipment Under Test」の略であり、試験の対称となる機器のこと。

  • DUT』とは
  • 「Device Under Test」の略であり、試験の対称となる部品や材料のこと。

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧は以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

また、下記に当サイトの人気記事を記載しています。ご参考になれば幸いです。

みんなが見ている人気記事

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5