その他

電線の色規格まとめ!どのように色分けしているの?

投稿日:

スポンサーリンク

電線の被覆の色には意味があるのをご存知でしょうか。

白・黒・赤・青・緑・紫・・・・・・

こんなに色があるので、回路製作中に毎回この色で良かったっけー?大丈夫かなー?と不安になります。なので、今回まとめてみました。それを詳しく紹介します。なお、日本国内の基準なので、海外では別の色が使われるので注意です。

単相の場合

単相の場合が、まずは事前情報として各用語の意味を理解することが重要です。

言葉の意味

N:Neutral(ニュートラル)
白色を接続します。
ニュートラルの電圧は0Vとなります。
接地側・GND・マイナスと呼ばれることがあります。
ちなみに、NはNeutralで中立という意味です。

L:Live(ライブ)
黒色(単相3線式の場合は片方が黒色、片方が赤色)を接続します。
ライブの電圧はNを基準とすると、100Vになります。
非接地側・電圧側と呼ばれることがあります。
ちなみにLはliveで生きているという意味です。

E:Earth(アース)
緑色を接続します。
アースの電圧は0Vになります。
保護接地極・GND・大地と呼ばれることがあります。

スポンサーリンク

単相3線式

単相3線式

線間電圧は黒(L1)と白(N)、赤(L2)と白(N)なら100V、赤(L2)と黒(L1)なら200Vとなります。
1つの電源から100Vと200Vを取ることができるのですよ。
道でみかける柱上トランスの二次側中点の白(N)は、接地する必要があります。Nは電柱のすぐ近くで大地に接地されています。ビルなどにトランスが設置されているときは、コンクリートの鉄筋に接続されます。(鉄筋は大地扱いです)。

ACケーブルを剥いてみると白、黒、緑の線がきちんとあるので、剥いてみてはいかがでしょうか。

単相2線式

単相2線式

線間電圧は100V
黒(L)と白(N)の2線で構成されています。

三相の場合

単相ではNとLで表していましたが、三相の場合はXYZ,UVW,RSTなどで表現されます。
この意味は特になく、アルファベット順に命名しているだけです。
・・・P→Q→「R→S→T」→「U→V→W」→「X→Y→Z」

このXYZ,UVW,RSTに対して、一次側を大文字、二次側を小文字としているケースがあったり、RSTを一次側(給電側・電源側)、UVWを二次側(機器側・受電側・負荷側)としているケースがあるそうです。

三相

三相3線式

三相3線式

線間電圧は200V
白と黒と赤の3線で構成されています。
赤線:R(REDのRと覚えましょう)
白線:S(SHIROのSと覚えましょう)
黒線:T
に結線するのがルールです。

スポンサーリンク

弱電系の場合

弱電系には特にルールはありません。
色の組み合わせでプラスになったりマイナスになったりします。
赤と白の場合、赤はプラス、白はマイナスですが、白と黒の場合、白はプラス、黒はマイナスと同じ白色でもプラスになったりマイナスになったりします。黒と一緒に使うときのみプラスになるのです!

ルールはないと言いましたが、寒色系はマイナス、暖色系はプラスの暗黙のルールみたいなものはあります。
青や緑を使う場合は寒色系なのでマイナス、黄や橙は暖色系なのでプラス。

赤(+)と青(-)、赤(+)と白(-)、赤(+)と黒(-)、白(+)と黒(-)
とかよく見ますね。

まとめ

交流には色が指定されているのですが、弱電系には色の指定がきちんとありません。
回路を作る時に毎回、何色を使えば分かりやすいかなー間違えないかなーと考えている自分がいるんですよね。
そのため、毎回、回路を作る際に何の電線を使用するか迷います・・・笑
どこかでルールを作ってくれないかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.