電子部品

『表面抵抗値』と『表面抵抗率』の違い!単位や測定方法について!

『表面抵抗値』と『表面抵抗率』の違い!単位や測定方法について!

2020/5/10    

この記事では表面抵抗値と表面抵抗率の違いと各測定方法について詳しく説明します。 『表面抵抗値』と『表面抵抗率』の違い 表面抵抗値 表面抵抗値RSとは、その名の通り、試験物の表面の抵抗値です。 表面抵抗 ...

放置01(片側だけに電圧を印可し続けた場合)

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可し続けた場合

2020/6/17    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ①導体Aに電圧を印可したとき ...

導体Aを接地したとき(片側を接地しないで電圧を印可したとき)

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可(帯電している方を接地した場合)

2020/6/17    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ②導体Aに電圧を印可したとき ...

導体Aに電圧を印可したとき

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可(帯電していない方を接地した場合)

2020/6/17    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ②導体Aに電圧を印可したとき ...

GNDを接続して、電圧を印可

【コンデンサ】片側だけを接地した場合の電位・帯電について

2020/6/17    

開放状態で帯電しているコンデンサの片側だけを接地 ①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位 ...

再起電圧

【原理】アルミ電解コンデンサの『再起電圧』とは?

2019/8/11    

アルミ電解コンデンサの端子間電圧が増加する再起電圧について説明します。 アルミ電解コンデンサの『再起電圧』とは アルミ電解コンデンサを充電し、端子間を放電抵抗を介して短絡させた後、開放状態にして放置し ...

静電気対策に最適な『表面抵抗率』とは?

静電気対策に最適な『表面抵抗率』とは?

2020/5/9    

この記事では静電気対策に最適な表面抵抗率(表面抵抗値)について説明します。 静電気対策に最適な表面抵抗率(表面抵抗値) 静電気対策品には、表面抵抗率ρSまたは表面抵抗値RSが記載されています。 表面抵 ...

空乏層ができる仕組み

【ダイオード】空乏層ができる原理

2019/9/16    

ダイオードはN型半導体とP型半導体を接続したものですが、このN型半導体とP型半導体の境界には、空乏層と呼ばれるキャリア(自由電子や正孔)がほとんどない領域があります。この記事ではこの空乏層ができる原理 ...

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5