コンデンサ

コンデンサの『定格電圧(耐圧)』を表す記号の読み方

投稿日:

スポンサーリンク

この記事ではコンデンサの『定格電圧(耐圧)』を表す記号の読み方を説明します。

コンデンサの『定格電圧(耐圧)』を表す記号の読み方

コンデンサの『定格電圧(耐圧)』を表す記号と読み方
セラミックコンデンサやフィルムコンデンサなどの定格電圧(耐圧)は一般的には記号(数字1文字アルファベット1文字)で表します。

数字1文字は乗数(10のN乗)を表し、アルファベット1文字は電圧を表します。

例えば、「2E」の場合、

2E=102×25V=250V

となります。

以下に、記号(数字1文字とアルファベット1文字)と定格電圧(耐圧)の関係表を示します。
コンデンサの記号(数字1文字とアルファベット1文字)と定格電圧(耐圧)の関係表

なお、数字1文字とアルファベット1文字を表記できないほどの小さなコンデンサでは、アルファベット1文字定格電圧(耐圧)を表記する場合もあります。以下に一例を示しますが、メーカーによってアルファベット1文字と定格電圧(耐圧)の対応が異なるので注意してください。
コンデンサの記号(アルファベット1文字)と定格電圧(耐圧)の関係表

補足

  • 数字1文字が「1」の場合は省略されることもあります。例えば、Eのみの場合、(1)Eを表すので、定格電圧(耐圧)は25Vとなります。
  • 定格電圧(耐圧)を表す記号がない場合、定格電圧(耐圧)は50V程度だと言われています。
  • 電解コンデンサ等の大きなコンデンサは「250V」や「400V」などそのまま定格電圧(耐圧)が表示されています。
  • 定格電圧(耐圧)を超える電圧を印加した場合、コンデンサが破損したり精度が落ちたりします。

まとめ

この記事では『コンデンサの定格電圧(耐圧)』について、以下の内容を説明しました。

当記事のまとめ

  • コンデンサの定格電圧(耐圧)の記号と読み方

お読み頂きありがとうございました。

当サイトでは電気に関する様々な情報を記載しています。当サイトの全記事一覧には以下のボタンから移動することができます。

全記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-コンデンサ

Copyright© Electrical Information , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.