トランス

トランス(変圧器)の『ギャップ』と『スペーサー』について!【コアの知識】

トランス(変圧器)の『ギャップ』と『スペーサー』について!【コアの知識】

2021/7/13  

トランス(変圧器)には『インダクタンス値の調整』や『磁気飽和の防止』等のためにコアにギャップを設けている場合があります。 この記事ではトランス(変圧器)の『ギャップ』について コアを削ってギャップを設 ...

【コアの種類】EI,EE,EER,PQ,トロイダルコアなどの『違い』と『特徴』!

【コアの種類】EI,EE,EER,PQ,トロイダルコアなどの『違い』と『特徴』!

2020/11/15  

コアには多くの形状があります。例えば、有名なものだと、EIコア、EEコア、EERコア、PQコア、トロイダルコアなどがあります。

【トランスの結合係数とは】『疎結合』と『密結合』の違いなどを解説!

【トランスの結合係数とは】『密結合』と『疎結合』の違いなどを解説!

2021/5/23  

結合係数は2つのコイル間の結合の度合いを示したものです。記号は『k』で表します。

変圧器の『損失比』と『全損失』について!

変圧器の『損失比』と『全損失』について!

2021/5/23  

損失比γは『鉄損(無負荷損)』と『定格負荷時の銅損(全負荷損)』の比率です。全損失Wは『鉄損(無負荷損)』と『銅損(負荷損)』の和です。

『鉄損』と『銅損』が等しい時に効率が最大となる理由

『鉄損』と『銅損』が等しい時に効率が最大となる理由

2021/5/23  

変圧器は「鉄損(無負荷損)」と「銅損(負荷損)」が等しい時に効率が最大となります。この記事ではこの理由について説明しています。

【トランスのテープの種類】バリアテープや層間テープには何が使われている?

【トランスのテープの種類】バリアテープや層間テープには何が使われている?

2021/5/23  

トランスやコイルに用いるテープには、『電気絶縁性』と『耐熱性』に優れているテープを使います。この記事ではテープの種類と特徴について説明しています。

【トランス】巻線(マグネットワイヤ)の種類について!

【トランス】巻線(マグネットワイヤ)の種類について!

2021/5/23  

巻線(マグネットワイヤ)とは、トランスやコイルなどに巻かれている電線の総称です。マグネットワイヤの表面は電気を通さないように絶縁されています。この巻線(マグネットワイヤ)は様々な種類があります。

【トランス】コアは導体なので絶縁距離を考慮しよう!

【トランス】コアは導体なので絶縁距離を考慮しよう!

2020/10/15  

安全規格では電源の1次側(入力側)と2次側(出力側)の絶縁距離が規定されています。また、トランスに用いるコアは安全規格上では導体として扱われます。

トランスやコイルの『スタンドオフ』とは

トランスやコイルの『スタンドオフ』とは?

2020/8/10  

トランスやコイルには上図に示すスタンドオフが設けられています。スタンドオフを基板と接触させることで、トランスと基板とに間隔を形成しています。

トランスのコアロスによる『熱暴走』について!

トランスのコアロスによる『熱暴走』について!

2021/5/23  

トランスのコアロスは温度によって変化します。トランスのコア温度が温度TPを超えると、「コアロス増加→発熱→コアロス増加→発熱→・・・」という熱暴走が起きます。

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5