コンデンサ

【セラミックコンデンサ】DCバイアス特性(直流バイアス特性)とは?(アイキャッチ)

【セラミックコンデンサ】DCバイアス特性とは?

セラミックコンデンサ(セラコン)の型番には静電容量(単位[F])が記載されていますが、この静電容量がセラミックコンデンサに印加する直流電圧によって変化することをご存知でしょうか。 この変化する特性のこ ...

防爆弁の種類2

【電界コンデンサ】防爆弁(圧力弁)の種類について

2019/8/11    

基板には必ず入っている『電界コンデンサ』。 その電界コンデンサの頭部には印があります。十字形だったり、K字形だったり・・・色々な形があるやつです。 その印は防爆弁と呼ばれているのですが、その防爆弁は何 ...

Xコンデンサのサブクラスの分類

Xコンデンサのサブクラスとは

2019/8/11    

Xコンデンサは1次側に接続されているコンデンサです。 そのため、Xコンデンサには電源系統で発生するサージ電圧が直接印可されます。 よって、このサージ電圧に耐えることができるXコンデンサを使用しなければ ...

横軸に温度、縦軸に静電容量変化率の範囲を示した結果

セラミックコンデンサの温度特性について!B特性とは?C0G特性とは?

セラミックコンデンサは周囲の温度によって静電容量が変化します。この温度による静電容量の変化のことを静電容量の温度特性といいます。B特性とかC0G特性など言われているものです。この温度特性について詳しく ...

放置01(片側だけに電圧を印可し続けた場合)

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可し続けた場合

2020/6/17    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ①導体Aに電圧を印可したとき ...

導体Aを接地したとき(片側を接地しないで電圧を印可したとき)

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可(帯電している方を接地した場合)

2020/6/17    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ②導体Aに電圧を印可したとき ...

導体Aに電圧を印可したとき

【コンデンサ】片側だけに電圧を印可(帯電していない方を接地した場合)

2020/6/17    

①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位差もゼロの状態です。 ②導体Aに電圧を印可したとき ...

GNDを接続して、電圧を印可

【コンデンサ】片側だけを接地した場合の電位・帯電について

2020/6/17    

開放状態で帯電しているコンデンサの片側だけを接地 ①初期状態 コンデンサの状態を模擬するために、まず、2つの導体(金属板)に誘電体(絶縁体)を挟みます。この状態では、2つの導体の電位はゼロなので、電位 ...

再起電圧

【原理】アルミ電解コンデンサの『再起電圧』とは?

2019/8/11    

アルミ電解コンデンサの端子間電圧が増加する再起電圧について説明します。 アルミ電解コンデンサの『再起電圧』とは アルミ電解コンデンサを充電し、端子間を放電抵抗を介して短絡させた後、開放状態にして放置し ...

© 2021 Electrical Information Powered by AFFINGER5