「受動部品」 一覧

no image

その他(受動部品)

『直流抵抗(DCR)』と『交流抵抗(ACR)』と『等価直列抵抗(ESR)』の違い

2019/4/16  

インダクタやコンデンサのデータシートを見ると、直流抵抗(DCR)、交流抵抗(ACR)、等価直列抵抗(ESR)といったパラメータが記載されています。 これらのパラメータの違いについて説明します。 直流抵 ...

【インダクタ】導通損失の求め方!計算方法について!

インダクタ(コイル)

【インダクタ】導通損失の求め方!計算方法について!

2019/4/15  

インダクタは昇圧チョッパ回路や降圧チョッパ回路などスイッチング電源には必ずと言っていいほど使用されている素子です。 インダクタは寄生抵抗(直流抵抗、交流抵抗)を持っており、電流が流れるとその寄生抵抗に ...

【インダクタ】温度特性について!『透磁率』や『インダクタンス』はどう変化する?

インダクタ(コイル)

【インダクタ】温度特性について!『透磁率』や『インダクタンス』はどう変化する?

2019/4/14  

この記事ではインダクタの温度特性について説明します。 インダクタは常に一定の特性ではなく、温度が変わると、透磁率、インダクタンス、飽和磁束密度などが変化します。 また、B-H曲線や直流重畳特性なども変 ...

【抵抗】『定格電圧』と『最高使用電圧』の違い&『過負荷電圧』と『最高過負荷電圧』について

抵抗

【抵抗】『定格電圧』と『最高使用電圧』と『過負荷電圧』の違い

2019/4/3  

『定格電圧』と『最高使用電圧』の違い 抵抗のデータシートを見ると、上図のように定格電力(Power Rating)、最高使用電圧(Maximum Working Voltage)、抵抗値範囲(Resi ...

トランス(変圧器)の耐熱クラス(絶縁階級)について!A種やB種ってなに?

トランス

トランス(変圧器)の耐熱クラス(絶縁階級)について!A種やB種ってなに?

2019/3/25  

トランス(変圧器)は寿命が長く、信頼性が高い部品ですが、長時間使用すると温度の上昇によって、電線の被覆や絶縁物が劣化し、絶縁破壊をもたらすことがあります。このようなことから、トランスには許容最高温度が ...

【コンデンサ】並列接続による電流偏りについて

コンデンサ

【コンデンサ】並列接続による電流偏りについて

2019/3/6  

コンデンサの並列接続による電流偏り コンデンサを並列接続する場合、各コンデンサに流れる電流を等しくする必要があります。 例えば、左図のように接続すると、入力部側のコンデンサのルートの方が配線抵抗が小さ ...

【チップ部品のサイズ】0603や1005とは?mm表記とinch表記の違いは?

その他(受動部品)

【チップ部品のサイズ】0603や1005とは?mm表記とinch表記の違いは?

2019/3/1  

チップ部品のサイズについて チップ抵抗やチップコンデンサ等のSMD(Surface Mount Device:表面実装部品)のサイズは長辺サイズ2桁、短辺サイズ2桁の合計4桁(場合によっては5桁)で表 ...

【抵抗】温度上昇の求め方!何ワットで何℃上昇するのかは温度上昇曲線で分かります!

抵抗

【抵抗】温度上昇の求め方!何ワットで何℃昇温するの?

2019/1/31  

抵抗に電流が流れる(電圧がかかる)と、温度が上昇します。 この温度上昇は抵抗の定格電力によっても変わりますし、同じ定格電力でもリード抵抗とチップ抵抗で変わります。 今回はこの「抵抗の温度上昇」について ...

【セラミックコンデンサ】DCバイアス特性(直流バイアス特性)とは?(アイキャッチ)

コンデンサ

【セラミックコンデンサ】DCバイアス特性とは?

2018/12/27  

セラミックコンデンサ(セラコン)の型番には静電容量(単位[F])が記載されていますが、この静電容量がセラミックコンデンサに印加する直流電圧によって変化することをご存知でしょうか。 この変化する特性のこ ...

インダクタ(コイル)の『定格電流』とは?(アイキャッチ)

インダクタ(コイル)

インダクタ(コイル)の『定格電流』とは?

2018/12/21  

インダクタ(コイル)のデータシートには必ず定格電流が定義されています。 今回はインダクタの定格電流について、以下の5項目を説明します。 インダクタの定格電流と電源回路の定格電流の定格は意味が異なる イ ...

Copyright© Electrical Information , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.